« 心房細動・カテーテルアブレーション後のマラソン その1 | トップページ | 「すべてのシリアスランナーに警鐘をならしたいと思います(経済評論家:内橋克人風)」 »

2018年8月18日 (土)

心房細動・カテーテルアブレーション後のマラソン その2

27749971_1968845890021665_589638248

平成30年2月の第67回大会の別大マラソンは、カテーテルアブレーション後の初のメインレースでした。

 

 

なんとしてでも完走するという強い意志のもと、平成29年12月に走り込みましたが、30km手前で、ふくらはぎに痛みが、2回出現。それでも月間走行距離は280kmまで伸びました。

 

 

年を越して30年1月に痛みが続くので、MRI撮影。「不全断裂」の診断。別大はDNSと覚悟したのですが、せっかくなのでスタートラインには立とうと、スタートしましたが、やはり、25kmでふくらはぎの痛みが強くなり、棄権しました。 残念ながら、「還暦・心房細動・アブレーション後」の別大完走を実現したかったのですが。。。

 

 

27540006_1430214800422309_510288029

« 心房細動・カテーテルアブレーション後のマラソン その1 | トップページ | 「すべてのシリアスランナーに警鐘をならしたいと思います(経済評論家:内橋克人風)」 »

マラソン」カテゴリの記事

心房細動」カテゴリの記事

カテーテルアブレーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 心房細動・カテーテルアブレーション後のマラソン その1 | トップページ | 「すべてのシリアスランナーに警鐘をならしたいと思います(経済評論家:内橋克人風)」 »

最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ