« 「すべてのシリアスランナーに警鐘をならしたいと思います(経済評論家:内橋克人風)」 | トップページ | 心房細動・カテーテルアブレーション後のマラソン その3 »

2018年8月18日 (土)

心房細動・カテーテルアブレーション後の山登り その3

<薬師沢右俣単独日帰り遡行:そーいうことだったのか>

 

 

沢登りをするのに「地図」があります。「遡行図」と言います。薬師沢左俣、赤木沢は、ネットでしらべても多くの記録がヒットしますが、「薬師沢右俣」はほとんどありません。黒部の山奥まで来て、薬師沢右俣に行く沢屋はいないのか? 

 

 

ボクは、山登りを初めて43年。「赤木沢」が日本国でいっちゃんキレイな所だと思います。黒部源流の山深いところ。通常、一日では到達しません。今回の薬師沢右俣も、通常日帰りはかなりハードルが高い。

 

 

初見の沢なので、イザと言うときに懸垂下降ができるように、ハーネスとザイル、エイト環持参しました。山深いところなので前日に「プレッシャー」あり。その緊張感があとになったら「イイですね」と言えます。

 

 

39089008_1650507258393061_979857962

 

39077332_1650507265059727_773703451

 

39079251_1650562651720855_911880038

折立に下山して、愛知大学の遭難慰霊碑に参拝しました。

 

39065502_1650562748387512_690426141

 

午前3時15分 折立
5時35分 太郎平
7時00分 薬師沢第3渡渉点から入渓
7時35分 ミニゴルジュ
8時15分 ナメ
11時00分 稜線
12時30分 太郎平
15時00分 折立
11時間45分の完全燃焼

 

核心部が少なく、赤木沢に比べて沢としての魅力すくなし、源頭部がガレで延々と続き、体力勝負・精神力勝負。こら〜わざわざ沢屋はいかんやろう。なので「遡行図」が存在しない。

 

 

 

 

« 「すべてのシリアスランナーに警鐘をならしたいと思います(経済評論家:内橋克人風)」 | トップページ | 心房細動・カテーテルアブレーション後のマラソン その3 »

山登り」カテゴリの記事

心房細動」カテゴリの記事

カテーテルアブレーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「すべてのシリアスランナーに警鐘をならしたいと思います(経済評論家:内橋克人風)」 | トップページ | 心房細動・カテーテルアブレーション後のマラソン その3 »

最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ