« 笠ヶ岳日帰り登山(その3) | トップページ | 心房細動・カテーテルアブレーション・マラソン »

2015年9月23日 (水)

笠ヶ岳日帰り登山(その4)

12時30分 弓折乗越到着。これで笠ヶ岳からも日本海に通じた。

Img_1486

弓折乗越から新穂高温泉までの道は何回か歩いている。
1)学生時代のワンゲルの合宿で、三俣で隊員が発熱・脱水になり、合宿中止して下山したルート。リーダーだった小生はOBに軟弱だと言われた。
2)Kと婚約時代に、黒部源流に沢登りに来て、ここから入山。三俣でKがバテたので、沢登りせずに下山
3)職場の山の会の夏山で、薬師〜雲の平〜の下山ルート。

極めてよく踏まれた道で下山しやすいのであるが、シルバーウイークの好天でどんどん登ってくる。これだけの登山者が双六小屋に泊まり、テントを張る場所があるのだろうか。笠ヶ岳山荘のホームページを見たら、お布団1枚に2名。食堂でも寝てもらうことがあり、午後9時に食堂が空くまで、廊下で待機。って書いてありました。小生単独だったら、汗臭いボクが汗臭いしらないオジさんと同じお布団で寝るわけか・・・そんな山登りしたくないので、やっぱり日帰り登山だな、それか時期を見てテント泊だろう。昨年の栂海新道では朝日小屋がガラガラ。Kとの赤木沢でも薬師沢小屋ガラガラだった。10月の唐松小屋も。そう全部「悪天」だから。

登り優先なんで、鏡平小屋まで時間がかかる。そこからは、足の爪がはがれかけているのは痛みでわかる。踵には靴擦れ防止の為にテープを貼っているが、その横が痛く、水ぶくれになっていると考えられる。疲労感も出て来て、ガンガンと下れない。
15時10分 わさび平小屋着。おうどんを食べる。出汁も飲み干した。

Img_1490

あとは林道。意地で走り出すが、左膝に痛みが出だしたので、へんな意地は捨てて、歩きに変更。
16時10分 無事新穂高温泉に下山した。

Img_1494


12時間45分の試練は無事終了した。これを書いている9月23日まだ足は浮腫んでいる

Img_1511

« 笠ヶ岳日帰り登山(その3) | トップページ | 心房細動・カテーテルアブレーション・マラソン »

山登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 笠ヶ岳日帰り登山(その3) | トップページ | 心房細動・カテーテルアブレーション・マラソン »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ