« 遊びに求めるもの「クリエイティブ」 | トップページ | 自由と可能性:面白い山登りは管理されない »

2013年9月21日 (土)

登山家→ランナーへ

時間記録だけを求め始めると登山家は堕落する(原真)
時間記録を求めなくなるとランナーは凋落する(イカ)

仕事がら盆休みはありません。夏休み最大のイベントです。913日ゆっくり準備して、愛車イカスミ太郎で、富山県は立山駅前の民宿に。

 

P1010534

914日 大会が準備してくれたバスでスタートの折立登山口へ。太郎平までの登りは何回目だろうか。学生時代山岳部の夏合宿で、劔の真砂沢定着で、八峰・チンネでロッククライミング。その後富山に下山してここから再入山。黒部源流赤木沢、五郎沢、雲ノ平から高天原。その後黒部上の廊下を下降。婚約時代にKと赤木沢。小松病院山岳部の縦走で。単独縦走。そして一昨年、昨年の赤木沢へのアプローチで、今年のワンディ。8回目の登りです。

 

午前715分スタートの予定が10分遅れで725分スタート。事前に持ち物をチェックされます。今年のラン仲間とのワンディ登山は、劔早月尾根でしたが、小生のぎっくり腰にて変更。この折立から薬師岳日帰りになりました。小生は、テントキーパーでしたが、ペットボトル1本とPENTAXをぶら下げ、太郎平往復。登りは2時間を切りました。今回は、水2リットリに雨具、行動食、防寒具など、小屋泊まり登山の装備でしたが、、、、

 

P1010540

918分 太郎平到着 1時間53分でした。到着順位は6位でした。お天気はよし。これからが気温もあがり長いので、「カップヌードル」を食べました。この塩辛いスープが元気の元ですね。

 

P1010551

1100分 順調に高度をかせぎ薬師岳頂上。薬師岳山荘で昨日お風呂で話をしていた徳島のランナーを抜きました。30年ほど前にKと来た時は雨だったなあ。ここからが長いのは折り込みズミ。薬師岳のピークを超えてから、もう一人ランナーを抜いてしまいました。今回は登山靴です。一歩も走っておりません。早足で下っている時、一度前向きに転倒。膝を打って、手首を捻挫。。戦意喪失気味で、スゴ乗越小屋に向かって下降しました。

 

1256分 スゴ乗越小屋到着。昨年までは14時までにスゴ乗越小屋に到着したランナーは、五色が原小屋まで行くことが出来ました。ですがスゴ乗越小屋から五色までコースタイムは6時間10分もあるので、五色到着時間が遅くなるので、今年からはスゴ乗越小屋関門が13時になりました。スタートが10分遅れたので、1310分でした。小生は4位でした。関門ギリギリまでに8位までのランナーが到着。彼らは休息の後、スタートしていきました。小生は、最初からスゴ乗越小屋泊の予定でしたので、留まりビールです。北アルプス全脊梁踏破のために、薬師岳~五色が原間を歩くのが目的での参加です。各山小屋に大会役員が無線機を持って、通過ランナーをチェック、スイーパーと呼ばれる最終ランナーの後をフォローするボランティアがいてくれます。本日は立山登山マラニック女性の部三連覇をされている方でした。彼女は「登山靴」をはいていました。よ~わかってはりますね。その後続々と言っても10名ほどですが選手が到着します。山小屋前で、ビールを飲みながら和気あいあいとお話。みんな、トレランシューズにトレランウエアー。小生のみ登山ズボンに登山靴、「一歩たりとも走っておりません」と言ったらビックリしていました。

 

915日 午前6時スタート。スゴ乗越小屋泊組は、一の越から立山三山を縦走せずに、直接室堂山荘ゴールをめざします。昨日のタイム順でスタートなので小生がトップです。後のランナーに、ギックリ腰で一ヶ月練習できてないので、抜いてくださいね。と言って、スタート。これからアップダウンの連続です。

 

740分 越中沢岳 雨なので雨具を着ての歩きです。走れるところなんてほとんどありません。下りもソールの硬い登山靴が有利。つま先踵も岩に当たってもトレランシューズにように痛くありません。トップランナーだったらトレランシューズかもしれませんが、エエ年のおっさんはやっぱり「登山靴」ですね。「登山家」で参加したつもりが、順位表彰はないながらも、タイムを計測してくれて、順位が出るので装備は登山ですが気持ちが「ランナー」に変身してきました。なんとしてでも一位をキープするぞ! 

心臓バクバクしながら登ります。時々後を振り返りながら。どんどん2位が離れて行きます。アップダウンのあるところで、前にランナーが見えると、後続ランナーは闘志を燃やすので、見えないぐらい離さんとあかんなあ。。。もともと2位とは前日のタイムですでに小生が30分上回っているので、一位ゴールは間違いないとはおもうんだけどなあ。。。

 

P1010564

901分 五色が原山荘 もう気持ちは「ランナー」になっていました。雨の中山荘で休憩したいのですが、万が一後続ランナーが到着すると、俄然2位はハッスルするだろうから、山荘ではチェックを受けただけで、雨の中、カーブして自分の姿が後から見えない登山道で給水して行動食をほうばりました。そこからも、心臓バクバク、口から飛び出すまで登ります。ザラ峠を通過してガンガン登っているとザラ峠を下ってくる2位が。。さらにガンガン。もう「完全燃焼」です。登山においては、「余裕度」が「安全」なのですが、もう「余裕度ゼロ」。

 

1015分 獅子岳 雨は降ったりやんだりしております。予想より早く到着。ここからまだ長いなあ。。。けど「行くぜ!」。ヤスヒロドクターだったら「龍王岳待っていなさい」と書くんやろね。ヘトヘトになりながら、、もう後は見えません。これからまだまだあるなあ。 と思った瞬間に小屋が見え、、すぐそこが一の越山荘。昨日の五色組のスイーパーの方が、もうすぐですよ~と。雄山がガスで見え隠れするなか、一の越からのコンクリートの道を、ガンガン下ったのでありました。

 

P1010568

1145分 雨が強くなるなか11時間12分で室堂山荘に無事一位でゴールしました。昨年31kmの部の一位より1時間30分ほど早かったようです。
奥田教授ご夫妻と雷鳥荘にて、温泉&宴会なので、すぐに雷鳥荘に向かいました。

« 遊びに求めるもの「クリエイティブ」 | トップページ | 自由と可能性:面白い山登りは管理されない »

マラソン」カテゴリの記事

山登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 遊びに求めるもの「クリエイティブ」 | トップページ | 自由と可能性:面白い山登りは管理されない »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ