« 薬師岳ワンディ登山2013 | トップページ | 登山家→ランナーへ »

2013年9月21日 (土)

遊びに求めるもの「クリエイティブ」

時間記録だけを求め始めると登山家は堕落する(原真):時間記録を求めなくなるとランナーは凋落する(イカ)

フルマラソンは,自分の肉体と精神を切り離し,事前の準備状況と照らし合わせ,刻々と変化していく肉体を別の次元からコントロールしていく知的ゲームでもある.<イカのサブスリー達成記より>

このたび第四回北アルプスパノラマトレイルに参加します。本日は夏休みを取得しており、お昼に愛車イカスミ太郎にて出発。立山駅前の旅館に宿泊(大会指 定)。そこから専用バスで折立まで移動してスタート。ゴールの室堂で荷物を受けとり、立山登山後の奥田教祖様ご夫妻と「雷鳥荘」に宿泊・温泉と飲み会。翌 日、イカスミ太郎で帰阪です。

山登りは、現在の自分の実力(体力、技術、経験)を鑑みて、計画立案。下調べ(ネット検索をやりすぎると面白味半減)して実行。そしてその時の天候が大き な要素です。その計画立案過程と実際の山行時の状況判断、そして困難に立ち向かうその姿勢。撮影山行などでは「ねばり」。そこんところが「クリエイティ ブ」なのですが、今回のような、レールを引いてもらった「トレランレース」のような大会では、クリエイティブなところが欠落しております。実際に参加した こともないのに、そんなことゆうて。となるので今回は参加してみるわけです。

翻って、マラソンを考えると、マラソンのクリエイティブなところは「フルマラソンは,自分の肉体と精神を切り離し,事前の準備状況と照らし合わせ,刻々と 変化していく肉体を別の次元からコントロールしていく知的ゲームでもある.」そして「時間記録」を求めなければ面白くない。大会での順位、記録が必要で す。フルを走るんであれば、自分たちで長居公園を15周すればエエわけで、それやったらおもろないやろう。小生のランナーとしての賞味期限はもう終わりか けているので、熊野古道ランの続きと、四国お遍路ラン続きに移行していくでせう。歩きしかできなくなると、オールドレンズを装着したカメラでお散歩に。

遊び=「自己目的的活動の報酬」と言うことができるでせう。

« 薬師岳ワンディ登山2013 | トップページ | 登山家→ランナーへ »

マラソン」カテゴリの記事

山登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 薬師岳ワンディ登山2013 | トップページ | 登山家→ランナーへ »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ