« 登山家→ランナーへ | トップページ | 「北アルプス全脊梁トレース」に王手 »

2013年9月23日 (月)

自由と可能性:面白い山登りは管理されない

4回北アルプスパノラマトレイルを速足で歩きながら、頭の中で、グルグルめぐっていたのはこの歌でした。


原真氏の「快楽登山のすすめ」からの引用です。”間違いだらけの登山”を斬る。自分本位に登れば登山は楽しい。孤独を楽しむ、これが快楽登山の精髄である。 商業主義や集団主義に陥った登山を初心に戻す。

-----------------------------------------------------------------------------------
登る速度を自分の体力に最適なところへもってくるためには、単独行がいちばんよい。単独でなくてはならぬということはないが、同行者の数は少ないに越した ことはない。せいぜい3人、いくら多くても6人までであろう。それ以上の人数による集団登山では、なかなか快感を味わうことはできない。自分のペースを発 見しにくいからである。昨今は、中高年を中心にした観光バスを繰り出しての、「おきまりの山へ、おきまりのルートから登り、寿司詰めの小屋へ泊まる」と 言った手軽で依存型の集団 登山が、自然愛好家の眉をひそめさせる時代でもある。こういう時期には、山に登る楽しみの質を、もう一度原点から考えなおしてみることも必要ではないか。

-----------------------------------------------------------------------------------
世の中には競馬馬のような登山者もいて、一緒に山へ登れば、必ず競争意識をむき出してスピードをあげる。登山には「速く登って速く下ってくるのが安全」とい う原則はあるものの、速く登ること自体が登山の目的ではない。時間記録だけを求め始めると登山家は堕落する。自分のペースを発見し、快楽登山へもってゆく ことがあくまでも大切。とはいえ、人はいろんな動機で山へ登るものだから、一律に論断することはできない。山に登るのに、案内書はなるべく読まないほうが よい。地図と磁石だけを頼りにして登るのが一番。案内書を読めば発見が減り、それだけロマンも失われる。山へ登ることの一番大切な楽しみは発見であり、自 身で発見しようとする気持ちのなかにこそ、ロマンがあるのだから。本当なら地図も持たないのがよいのだが、それでは時間もかかるし実力の裏付けもいる。妥 協して地図と磁石だけは持ってもよい。私としてはそんな気持ちだ。登山に熱中している中高年諸氏には、まず無計画登山をすすめたい私だが、それでも不安だ というのなら、せめて地図と磁石だけで山を歩くよう心がけてもらいたい。そうすれば登山の喜びも倍加して、満足度も増すこと請け合い。

-----------------------------------------------------------------------------------
面白い山登りをやるための第1条件は、「自分本位」になることだろう。「他人本位」 の山登りではちっとも面白くないということは、まだ社会通念になっていない。日本人が、山に限らず一般に物事を楽しむ能力に欠けているのは、他人本位だか らである。封建時代の遺風が残っているお国柄といってよい。この遺風を打ち破らなければ、面白い登山はできない。

自分本位の人間とい うのは、自分の考えをもっている-少なくとも、もとうとしてい る-人間のことである。こういう人間は他人の考えを尊重する能力を持っているから、たがいに協力しあえる。一方、他人本位の人間というのは、自分の考えを もっていない-またはもとうとしない-人間のことである。この種の前時代に属する人間たちは、自分が考えをもたないのと同じに、他人も考えをもつべきでな いと思っている、こういう人間たちには、集団に対する従属や支配(おなじものである)の感情はあるが、個人としての自己表現の精神にとぼしい。彼らは、他 人の犠牲になるかたわら、自分でも他人を犠牲にして生きていこうとする。他人本位の人間は、山登りを楽しむ自己能力にとぼしいから、とにかく売名のための 登山や山の政治などをやりたがる。この場合の政治は代償行為のことだから、人民のためになる本当の意味での次元の高い政治ではない。一種の無原則人間とい う意味での政治的人間である。日本は、いままでは政治家不在の国だった。登山界は、その最も典型的な例である。自分本位の山登りをやるためには、まず他人 本位の人間を自分の周囲から排除しなければならない。少なくとも、他人本位の人間たちの犠牲にならないよう細心の注意が必要で、これには相当の知識と勇気 がいる。

« 登山家→ランナーへ | トップページ | 「北アルプス全脊梁トレース」に王手 »

マラソン」カテゴリの記事

山登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 登山家→ランナーへ | トップページ | 「北アルプス全脊梁トレース」に王手 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ