« ダイトレ全山夜間縦走記(その2) | トップページ | 薬師岳ワンディ登山2013 »

2013年7月 8日 (月)

夏はやっぱり沢歩き 裏比良白滝谷

イロイロご多忙のタカコンと休みが一致したので、Kと3人で沢歩きへ。近場でエエやんと言われましたが、せっかくお天気も回復傾向だったので「裏比良」へ。車で片道1時間30分はかかります。

一昨年は、Kと黒部源流「赤木沢」のトレーニングに「奥の深谷」に行きました。学生時代は、そんなに難しいとこなかったのになあ。ハーケンにシュリンゲがかかっている滝は、濡れた外傾スタンスにそ~と足を乗せます。なんとかクリアーしたのですが、すぐ後ろからKが。ノーザイルで。落っこちると死んじゃいそうな場所でした。
こんな風に書いているブログもありました。
>連瀑帯で一箇所乗越しが悪いところがあった。古いハーケンにシュリンゲが掛かっているだけ、抜け口はツルツルのスラブ。慎重に抜けるが、足場の悪いところで後続の確保が難しい。全員お助けで切り抜けた。

なので、自分の力量を考え「白滝谷」にしました。この沢は初めてです。入門者向けで、横に登山道があると書かれています。「沢一級(一番容易)」です。遡行図は一応持っていきましたが、見ると面白みが半減するので、見ずにルートファインディング。

014

ジャブジャブと水の中を進みます。タカコンは滝畑の千石谷しか行ったことがありません。
マラソンでたとえると、千石谷は「ファミリーマラソン」 。白滝谷は一応ゴルジュ帯もあり~ので、「10kmのマラソン大会」ぐらいでしょうか。今回、タカコンがいるのでザイルを出しましたが、フツーは不要です。ランナーの皆さんも、いかがでしょうか。沢入門にお勧めです。

033

傾斜の緩いスラブがありました。アンザイレンして、スリップしても大丈夫。

045

ここから核心部は始まります。タカコンは大喜び。

052

高度感のある高巻きもありました。

047

水量が多めだったのか。流水線上を攻める必要もありました。時には大胆なアクションも。

タカコン談:フツーの山登りと沢登りは、全くちがうもんやな。めちゃめちゃ面白かった。

« ダイトレ全山夜間縦走記(その2) | トップページ | 薬師岳ワンディ登山2013 »

山登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ダイトレ全山夜間縦走記(その2) | トップページ | 薬師岳ワンディ登山2013 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ