« 奈良マラソンコース試走・攻略法座談会(その1) | トップページ | 新しいページ »

2010年3月14日 (日)

奈良マラソンコース試走・攻略法座談会(その2)

Photo_8

Photo_9

奈良駅に近い銭湯でお風呂に入ります。それから近鉄奈良線の急行で約35分の辛抱です。鶴橋下車。ホルモン串焼きの「大成屋」で待ちに待ったプッファ~です。


ミノ・こぶくろ・センマイの生刺し・もちろん生レバ。串はいろいろ焼いてくれます。赤センがおいしかったねえ。コリコリも大好きです。


Photo_10

ここで座談会メンバーの紹介です。
「奈良マラソンコース」「奈良マラソン紹介」「奈良マラソン試走」「奈良マラソンコース案内」「奈良マラソン攻略法」「奈良マラソンの走り方」でヒットしてこのブログに到達した方の為にマダムの紹介です。

「ま~ちゃん」:最近ランを復活。本日飛び入り参加です。生ホルモン大好き、ビール・酎ハイをガンガンのんではりました。
みっちゃん:萩往還250kmの優勝経験もある、ベテランランナーです。1歳刻みランキング4位。2010年東京マラソン年代別2位。
Kちゃん:走歴は10年ほど。身体能力は高くないが、e‐Athletesに入会し系統だった練習を行い1歳刻みランキング15位。2010年東京マラソン年代別2位。

座談会の内容をまとめました。
1)レースの時期
関西の秋期のメインレースは福知山マラソンであるが、アプローチ(往復に時間がかかりすぎる)の悪さ・スタートゴールが丘の上で最後の登りがキツイのデメリットに加え、陸連登録優遇がない、人数の多さから、魅力低下が著しく来シーズンはエントリーする気にならない。奈良マラソンは公認大会であるため魅力があるが、定員が10000人で抽選になるだろう。東京マラソンのように陸連登録であれば、抽選倍率が下がるのを期待している。12月第1日曜日であるため、時期的にはメインレースにしたい。加古川マラソンはコースが平坦。陸連のアーリースタート。アプローチの近さに魅力を感じる。開催時期が年末に近い。風の影響が強いなど、一長一短があるが今後の有力レースである。

2)コースの難易度とその攻略法
今回、スタート~10kmの平城宮跡往復の試走はしていないが、競技場から一気に駆け下ることになる。Kの初フルマラソンは長野マラソンである。以前の長野マラソンほどの下りではないが、折り返したら大仏前まで一気に登りに転じる。スタートして5kmの下りは「前半に貯金したい」「天理でアップダウンがまっている」の気持ちから、ペースが上がることが予想される。そこは体感で走り下ってもよい。が!5~10kmの登りの走り方に注意が必要である。折り返しまでの下りのスピードを維持したくなり、10kmまでだから元気は十分あるので走りすぎてしまう。169号線の微妙なアンジュレーションは、気になるほどではない。
天理市内に入る白川橋の上り下り(往復)がこのコース最大の標高差である。「いびがわマラソン」「美山マラソン」のようなとんでもない山岳地ではなく、「篠山マラソンの中間点付近」の登りをイメージしてほしい。天理市内に入り、天理教本部付近を走る。ここは天理教の協力がないとコース取りできないところで、当日は天理教の信者さんの熱烈なる応援が期待できる。帰りの白川橋の登りは30kmまでなので、登り切るのに大減速はしないであろう。ただ先ほども述べたように、5~10kmの登りで自重しなかったランナーは、ここの白川橋の復路の登りで足を使い切ってしまい、ダメージが大仏前あたりで大きくなってくるであろう。紀寺から大仏前までの登りは泉州マラソンの4つ越える陸橋一つの1/2~1/3程度である。大仏前~県庁東~焼門前までは篠山マラソンほどではないがランナーにとって苦しい38km~41kmで下り基調であるのは有り難い。そして陸上競技場ゴールまでの登りになる。これは福知山マラソンの最後の登りの距離として半分・勾配としても半分。計ダメージは1/4と考えておいたらよい。

以上がマダム達の意見であった。

まとめると、このコースのポイントは、5~10kmの長い登りにある。ここで追い込んで走りすぎないことである。心拍計を装着し、スタート~5kmの下り。5~10kmの登りと同じ心拍数で走るのがよい。5kmの通過タイムにはこだわらず、10kmで帳尻が合うような走り方を考えておく。

関西の秋季メインレースである福知山マラソンと比べると、タイムがそれなりにねらえるコースであるが「戦略」がなければ失速してしまう「考えて走るレース展開」がキーポイントであろう。

« 奈良マラソンコース試走・攻略法座談会(その1) | トップページ | 新しいページ »

マラソン」カテゴリの記事

飲む・食べる」カテゴリの記事

コメント

有難うございます。
参考にさせていただきます。

抽選当たるかなぁ?

東京マラソンみたいに、「地元は当たりにくい」かもね。勿論、日帰り圏の大阪府民もです。

経済効果優先ですから、前日エントリーで一泊しないといけないランナー優先でしょうね。「陸連登録」と「一般」と倍率がちがうかもしれません。

あとはスポンサー枠もありますが~

バッカスさまと昨日一緒でした。
試走されたそうです。

地元だけにコネは通じませんかねぇ?

スポンサー枠なんかありますから、さがせばありますよ。以前抽選だった「泉州マラソン」のスポンサーだった、「○○銀行」ルートがあったようです。

それよりも「おかもと医院」がスポンサーになったらエエねん。

これも以前の話し。 銀行に頼まれ泉州マラソンの大会要項に名前が出ていた某歯科医院2施設。院長は両方ともよく知っているランナー。当時抽選でしたが、もちろんスポンサーなんで、走ることができました。

エントリーの受付が始まったのでとりあえず申し込んでみました。
先着順なので多分大丈夫でしょう。

もう〆切りになったようですね。小生はランナー休業なので、走りませんが~ Kは滑り込みセーフでした。

もう〆切りとは驚きました。
ブームなんですねぇ。
私もフルは多分まともに走れないので、歩かないでゴールすることを目標にします。
雑用ばかりで自転車もランも中途半端のままですorz

奈良のちんどいねん氏と掲示板で盛り上がっております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 奈良マラソンコース試走・攻略法座談会(その1) | トップページ | 新しいページ »

最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ