« 旧交 | トップページ | イカ気質 »

2009年8月24日 (月)

コーチ業は楽し ラン仲間楽し

8月から、「プロジェクト大田原」が始動し、20km走を開始。8月22日は、距離を25kmにのばしました。条件はかなり過酷で、高温多湿。設定タイムは5分30秒でもええぐらいですが、結局Kのアベレージは5分15秒で終了。

ず~とKのペースメーカーをしていましたが、アキレス腱付着部の痛みが増えてきて22kmで残念ながら中止。無理はしませんでした。

所用で25km走ができなかったマダムMは、8月23日朝に「一人でもやる」とのこと。なかなか、この暑い時期にそれも一人で、「25kmの距離走」はつらいもんがあります。後半、どうしても集中力がとぎれ、じりじりタイムが落ちてくるのが普通。そしてそれを立て直すのも困難。ラン仲間が走路上にいるだけでも、その空間・時間を共有できて、モチベーションが維持できます。そういう意味で、大泉緑地で距離走をやると3kmの周回路なんで、集団でやっても「一人旅」になってしまいますが、2.5km折り返しで見通しのきく狭山池の方が小生は好きですね。レースは「一人旅」なんで、それはそれで練習になるかもしれませんがね。

22日土曜日は飲み会で遅くなるので、連絡はしていませんでしたが・・23日日曜日5時20分起床。Kにアキレス腱の痛みがいくぶんましなんで「後半伴走できるかも」とマダムMにメールをしてもらいましたが返事なし。もう走りに行っているんだろうと、朝食を摂り午前7時過ぎに狭山池500m地点に。

090823_080002 マダムMの自転車発見。イカ&Kが準備しているところに午前5時40分にスタートしたマダムMの15kmの通過です。そこから残り10kmにイカ&Kが加わりました。しゃべるしゃべる。設定ペースは5分20秒ほどですが、15秒前後で走っていても、しゃべるしゃべる。「余裕度」バリバリです。残り2kmでギアチェンジ。それで5分ちょいにあがってから、残り1kmです。さすがにここからはおしゃべりなし。500mを2分12秒で通過。さらにギアチェンジ。4分10秒まであがりました。2回目のギアチェンジにKは反応できず。イカがなんとか伴走して終了しました。と、言うことは最後の500mは、1分58秒(^^)。恐るべし マダムMのパフォーマンス。

マダムM&Kは、あの年・この年で、先シーズンも自己ベストを更新。H女史を含めたこの3人は次のシーズンも「明確なる目的意識」を持ってランを楽しんでいます。

長谷川恒男氏の著書 「生きぬくことは冒険だよ」から、人間には向上心というものがある。「これでいいんだ」と思ったときには、ダメになっていく。

「イカコーチ」は、そのお手伝いが楽しい。え! おまえ自身ののランはどうなっているの?と言われちゃいそうですが・・・・・このアキレス腱付着部の痛みが緩解したら、僕もねらうでえ。

8月間走行距離201km 目標の250kmに到達できそうです。アキレス腱付着部の痛み次第ですね。

« 旧交 | トップページ | イカ気質 »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 旧交 | トップページ | イカ気質 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ