« 槍穂ラウンド(その4) | トップページ | 自然の両面 女性の生命力 »

2009年7月30日 (木)

「プロジェクト大田原」キックオフ

昨年から山登りを復活。Kはマユ丼のお受験中で不参加。
1)折立~黒部五郎~槍~上高地 2泊3日 縦走
2)白馬鑓温泉~白馬岳~蓮華温泉 1泊2日 縦走
単独行でありました。単独行は初めてでしたが、きままに「自分のペース」で歩けます。ついつい追い込んでしまいました。悲しい性ですね・・・

この4月に長女タカコンが社会人・次女マユ丼が大学生(自宅通学)となり、イカ&Kは新しいステージに突入しました。そして2010年に銀婚式を迎えます。

昨年の東京国際女子マラソン・今年の泉州国際市民マラソンで、「プロジェクト320」を完遂し、チームK練習会(木曜ナイトランIN狭山池)もやめて「ポストフルマラソン」の時期に入るかと思われましたが、Kは来シーズンも「タイムをねらう」と宣言。イーアスリートも継続しております。と言っても、ここんところ鈴木コーチに練習結果のメール2ヶ月以上送っとれへんなあ。。

故障を繰り返し、体力が落ちてきたら、そろそろフルマラソンのタイムねらいをや~~めた。となるのが、多くのランナーだったと思われますが・・・ランナーズが「一歳刻み全国100傑」を作り出したことは、市民ランナーの意識を大きく変革したと思っております。

そしてMちゃんが「お孫さんもいてるあのお年で(失礼)自己ベストを大幅更新し、現在もモチベーションをたもってはる」ことが、Kのランニングスタイルに大きな影響をあたえております。

いずれにしても、町の市民マラソンクラブに入会し走ろうか、あるいは町の山岳会に入会し山を登ろうか と考えるランナーや山屋は「挑戦者」が多いのですね。中にはファンランでええ~・花鳥風月登山がええ~。という人も混じっているのでしょうけど、それは本人の志向。「挑戦者」がやり疲れたら「花鳥風月」になってもええわけやしね。それがソフトランディング。岳人を読んでいたら、ナンガパルバットの遠征記のなかに「高塚」という名前が。K大AC(山岳部)OBのあの猪八戒(ちょはっかい)氏だろうか。先鋭的登山家である彼が「お花畑もええでえ~~」とゆうてはったのを思い出しました。

今までも、「面白いことをやり続ける」ことにパワーを使ってきましたが、これからも「ビビッドライフ」を目指して、TB山口会長の言葉「挑戦者たれ」を座右の銘にして、8月1日は、「プロジェクト大田原」キックオフミーティング・パーティーを行う予定です。

 

8月2日は、関西の美渓で有名な「奥の深谷」に山仲間と沢登りに行く予定

090728_153401 Photo 同じく大学時代の山仲間の千代田開業の中井とは、「山菜愛好会」を結成して、中国産山菜の漬けもんを丼鉢に山盛りにして、それをつまみながら清酒「大雪渓の2級酒」をガンガンのんでいた仲。槍穂高ラウンドの帰り奈川村で、山菜を買って帰り、一昨日診療所に届けました。学生時代と違い「国内産」にグレードアップ
これは、黒部湖支流で中井と岩魚釣りに行った時の写真。



090729_204701 中井歯科医院の駐車場に車を止めさせてもらい千代田の生鮮市場richばんばんに行きました。なんと!! 我那覇畜産の「ヤンバル島豚」を売っています。毎週水曜日に入荷するとのこと。ロースのブロック1kgでも取り寄せてくれるとのことでした。シュークルート作るときええねえ。勿論、「豚の水炊き」は絶対この「ヤンバル島豚」ですね。

090729_204901 今回の山行きの帰りに買った、駒ヶ根の明治亭のカツ丼ソース。を買ってきたので、それをかけてヤンバル島豚のトンカツを食べると超美味でありやした。越後ビールはかつての感動なし。

« 槍穂ラウンド(その4) | トップページ | 自然の両面 女性の生命力 »

マラソン」カテゴリの記事

飲む・食べる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 槍穂ラウンド(その4) | トップページ | 自然の両面 女性の生命力 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ