« 横浜国際女子マラソン | トップページ | 奥比良縦走記 その1 »

2009年6月 4日 (木)

やり残したこと・やりたいこと

やり残したこと。
屏風岩登攀:昭和55年8月下旬準備万端、涸沢で待機するも悪天のため予備日も使いはたし無念の下山。
厳冬期の北岳:秋の偵察山行も終え、昭和55年12月末すべて準備が整うも祖母他界。合宿に参加せず。

マラソンも、あんだけトレーニングしたのに直前に風邪ひいたり、当日の悪天にて、走りきれないことっていっぱいありますよね。むしろイメージ通りに走れることはすくないかも。いずれにしても、「思い通り」には行かないのが普通ですね。

山は同じようなレベルで再開はできませんが。
1)南アルプス 南部・北部 縦走
2)槍穂高ラウンド
3)黒部源流沢登り
今年から、3年計画(来年が銀婚式の年なんで、前後3年銀婚式記念イベント)で、盛り上がっております。昨年の折立~黒部五郎~槍~上高地の単独行(15kgのザック)時期から「五十肩」になってしまいました。整形外科のドクターに聞いたらあんまし関係ないでしょ~(^o^)。

090602_214401 地図をひろげるだけでワクワクして楽しいね。

ランについては「やり残し」はありません
 ほんまサブスリーできてよかったね。それにしても「ハセツネ」って人気ですね。もともと長谷川恒男本人は、レベルの高い登山を目指して低山を夜間も含めて歩き続けるという「トレーニングの手段」として始めたとのことですが、それが「目的」になっている。人それぞれ好きずきですから、どーでもええことなんでしょうけど、ハセツネを完走できる実力があれば、もっと面白いこといっぱいできるのにねえ~~と思うのは小生一人でしょうかねえ?

立山登山マラニックとハセツネとは違うような気がします

Photo Photo_2 渓流釣りも再開してもいいんですが、あれも・これもは無理ですね。羊蹄山の麓・尻別川と黒部ですが・・釣り師だったころは、めちゃめちゃ太っていますね


朝ランでスロージョグは10kmは痛みがでません。
月間走行距離30km

« 横浜国際女子マラソン | トップページ | 奥比良縦走記 その1 »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

ハセツネもウルトラマラソンと同じで、年に一度の力試しということなのだと思います。あれだけの距離を、真っ暗な環境でやるというのは、レースという動機付けでもないとできませんもんね。僕は昨年無謀にも挑んで、あえなく途中リタイアでしたが。

小生も昨年申し込む予定で、ペツルのヘッドランプまで買っていたのですが、エントリー初日はバタバタして忘れており翌日エントリーしようとしたら、定員いっぱいでした。ことしは数時間で締め切ったようですね。

一度体験してみてから、感想を述べようとおもっていたのですが・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 横浜国際女子マラソン | トップページ | 奥比良縦走記 その1 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ