« モチベーションを保つ | トップページ | 祝杯 »

2009年2月17日 (火)

プロジェクト320完遂

ランの楽しみ方は個々人それぞれ。ファンラン中心でレースでそれなりに走るのも楽し。フルとウルトラを取り 混ぜてワイワイ遠征するのも楽し。トレイルラン中心の山走りも楽し。マスターズに登録し、トラックをおりまぜた本格的ランを追求するのも楽し。レースには ほとんど出ずにマラニックを楽しむのもよし。
イカ&Kは、「フルマラソンをきっちり走りきること」に楽しみを見つけています。

週末の「距離走」、月2回のチームK練習会(木曜ナイトランIN狭山池)と狭山池を中心に練習しており、狭山池の皆さんには仲良くしていただいております。


このたび昨日の09年2月15日泉州国際市民マラソンで「プロジェクト320」は完遂しました。この1年間の練習内容を詳しく(長文でごめんなさい)ご報告いたします。

「フルマラソンをきっちり走りきる」を目的にしておられる方の少しでも参考になればとまとめました。

ま とめてみて、よくもまあ。。。一年間こんだけモチベーションがたもてたなあ。。と我ながらびっくりしました。Kがもう少し若かったり、もう少し身体能力が 高かったら、これだけの練習をしたので、3時間一桁ぐらいまでいけたかもしれません。が!これだけは克服できないことなのであります。ただ、これだけのモ チベーションがたもてたのは、「東京国際女子マラソン」に出場できるということの意識がおおきかったのだと思っています。そういう、大会がなくなってし まったのがとても残念です。Kレベルのランナーがエントリーできる国際大会の存続を期待しています。

2001年長野マラソンで初フルを4時間46分54秒で完走したKは、昨年の泉州国際市民マラソンの時、自己ベストを更新し3時間22分16秒でゴールしました。その持ちタイムで、08年東京国際女子マラソン(最終大会)にエントリーすることができました。

08年3月から「プロジェクト320」を立ち上げ、東京国際女子で3時間20分切りをねらうプログラムで始動しました。

4月・5月は、芦屋ファンラン・堺シティーマラソン・三塚マラソン(43分41秒で自己ベスト)と10kmレースを3本走りました。

そ の後は、チームK練習会(木曜ナイトランIN狭山池)でもスピードを追求するランは封印し、6月は土台を強化するためにLSDと、狭山池の外側のスロープ を使った、もも上げ・坂道ダッシュにて筋力補強を行いました。7月に入ると暑くなりなかなかペースを上げることはできませんが、週末の朝に狭山池で 20km走から開始しました。関東と違い、特に大阪の夏は異常に暑いので、「体感」を重視しタイムにはこだわりません。「追い込んではいないけれど、 LSDほど楽ではない」「余裕度を体感」しながら走るペースです。そのペースで20kmから週1回始め、8月の最終週には30kmまで距離を伸ばしまし た。
9月から本格的な走り込みです。毎週末に30km・35km・40kmと距離を伸ばし、その後ややスピードを上げて再度30km・35km・ 40km(10月の第一週)と6週間の走り込みを実施しました。ミドル走の封印を解き、チームK練習会(木曜ナイトランIN狭山池)でも4分40秒ペース で走り出しました。
<30km走の例>
9月20日  26:30 26:06 26:08 25:55 25:46 25:06 (給水タイム含まず)
10月11日 25:25 24:57 25:04 25:09 24:54 24:16 (給水タイム含まず)

ところが!
11月16日の東京国際女子マラソンに向けて1ヶ月前の10月18日に3回目の40km走をする予定でしたが、33kmで「余裕度ゼロ」となり、伴走していた「失速いかボンコーチ」が35kmで打ち切りを宣言しました。

その後10月23日は雨の予報だったので、Kは仕事帰りに一人で狭山池で12kmのミドルを開始しましたが、4分40~50秒どまりでペースが上がらず。

「スピードが上がらない」という報告を聞いたとたん、貧血だとすぐに気がつきました。
http://ikachan42195.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-bc39.html

貧血に陥っていても、強度の低いロング走では顕著にその症状が現れてきません。ミドル走のスピードダウンで判明しました。

一旦陥った貧血は「食事療法」や「サプリメント」では回復は不可能で、「治療」が必要です。その治療と平行して、ランは継続しました。

10月25日は大泉で30km走。
23:51 23:51 23:55 24:00 23:56 23:58 (給水含まず)←「失速いかボンコーチ」の見事な伴走でしょう。これが最後のロングです。

11月2日に淀川市民マラソン(ハーフ)は1時間34分でした。(昨年より1分遅い)

その後貧血の治療も平行して行い、11月6日に特別ナイトラン(10km)を行いました。
4:14 4:14 4:16 4:19 4:20 4:21 4:22 4:22 4:23 4:17  10km:43分14秒で 10kmの自己ベストを練習で更新しました。

レース1週間前は「速くもなく・遅くもなく」の20kmをこなし、東京国際女子マラソンに望みました。

11月16日の東京国際女子マラソン
22:57 23:07 23:32 23:42 23:45 23:53 24:16 24:53 10:14
中間点1:38:34  ゴール3時間20分19秒

残念ながら19秒残してしまいました。

数ヶ月をかけて積み上げて準備してきたレースを走ると「オールアウト」となりまた一からの積み上げです。と言っても夏前からの「地足」はできています。レース後11月は休養し、12月からまたLSD。12月13日に20kmの距離走から開始です。
12月20日 25km
12月27日 30km
1月2日   35km
1月11日 30km TB大泉ペース走
1月17日 40km
25:04 24:59 24:57 25:03 24:57 25:05 24:38 24:27
3時間19分10秒(昨年3時間19分25秒)40km走のベストです
1月25日 大阪ハーフ 1時間34分
2月1日  南大阪駅伝

残念ながら1月に入り、「諸般の事情」にてナイトランの参加が困難で、「ミドルペース走」が出来なかったのです。
そこで、2月7日は20kmビルドアップにしました。24:49 24:23 23:14 22:14

で、本番を迎えました。

ス タート地点を初め、コースの各地で大勢のラン仲間・遊び仲間からの声援に後押しされハーフの通過が1時間37分29秒 ゴールが3時間19分01秒で、 「プロジェクト320」は完遂しました。
23:00 23:08 23:20 23:16 23:19 23:28 23:45 24:52 10:53
東京国際女子・泉州とも(福知山もそうですが)、最後に登りのあるタフなコースですね。

一緒に練習していただいたり、伴走していただいたり、励ましのお言葉など暖かいご支援により達成することができました。本当にありがとう御座いました。

« モチベーションを保つ | トップページ | 祝杯 »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

重ね重ね20分切り、おめでとうございます。
暑い日もさぶい日も雨の日も風の日も、走り続けた甲斐がありましたね。立派には、もひとつ根性が足りませんでした・・・。
いかちゃん、名ペースメーカー&名コーチ、お疲れ様でした。コーチングは、理論もさることながら体で引っ張られたお姿には、感服します。

いか&Kちゃん、ちょいと休んで、次のテーマに向けて、夢かなえてくださいね。感動させていただきました。ありがとうございました。

ありがとうございます。立派はんも、このスケジュールとほぼ同じ練習をされましたね。

サブスリーですから、これよりず~と強度は高いですが。

故障ばっかの小生にとって、Kの伴走は故障も少なくちょうどエエ練習です。そのため、走力もほぼ互角になってきちゃいました。

マユ丼の試験が終わったら、(もうじき終わる)、思いっきりイカ&Kの趣味のホームパーティーしまくるぞう~

おめでとうございます。
すばらしいですね。

全然ロングの練習をしてないので、東京では完走できるかとっても不安です。

岡本はん、ロングの練習をせんと、フルマラソン走ったら、30km~35kmと走っていくと「べつの世界」が待っていますよ。

足の速いおっさんから、女性に抜かれまくる、「ボロボロ疲労困憊オジサン」に変身できまっせ。

おたのしみに。38kmぐらいから、ブログを思い出し「Kのすごさ」を思い出すでしょうねええ

初ハーフの時がまさにそんな感じでした。
15キロでいきなり止まってしまいましたからねぇ・・・。
足が全く前にです、キロ9分の世界でしたorz

今からでもロング走っておいた方がよいですよね?


通常の走り込みは、一ヶ月前に終了し、そこからは疲労抜きと、質を上げたスピード練習に切り替えますが。。。
走り込みのない場合は???
「551のないとき」と同じでしょうねええ

え”~~~っ。
やはりやばすぎます?
歩かないで、ゴールできることを目標に頑張ります。
ところで前泊はどちらでされますか?

反省して今日は42キロ弱走ってきました。
起床後すぐに7.7キロと朝一の急患みてから34キロちょっと。
早朝ランは問題なしでしたが、長距離は予定通り「ボロボロ疲労困憊オジサン」でした。
大丈夫かなぁ・・・。

お二人ともすごすぎます。


東京マラソンの宿泊は、スタート地点にあるビジネスホテルです。ラン仲間にはいろ~~んな職業の方がいてはって、そういうところに泊まれるんですね

ハーフマラソンフルマラソン・100kmウルトラマラソンは「別の競技」でんな。

ハーフは足の速いもんの勝ち
ウルトラは、部品のつよいもんの勝ち

フルマラソンは、「戦略」のあるやつが強い

う〜ん、深い!

今回はたまたま抽選に通ったんで、今後他のマラソンに出場できそうかは走った後に考えます。
「戦略」をたてるには行き当たりばったりでは、だめですもんねぇ・・・。

そうですね、タイムは人それぞれ。年齢とか身体能力によると思いますが、「フルマラソンをきっちり走りきる」には、それなりに、「覚悟」をもって準備せんとあきませんね。

日常生活の、何を捨て何を犠牲にするかまでの「覚悟」がないと「充実感」をもった、「ぐ~~と拳を握りしめるゴール」には至らないと思っております。

これは「登山」なんかでもそうで、ハイカーが下山して、、「ぐ~~と拳を握りしめる」ことは無いと思います。日帰りで、ロッククライミングのゲレンデにでも行って、岩場をよじ登り、終了点のフラットなところにずり上がると、「ぐ~~と拳を握りしめる」わけですね。

何を求めるかの個人の趣味のことですから、どーでもええことですが。。

私の場合、春からはバイク(自転車)にシフトしますからねぇ。
ただ、レースに出た場合はランの方が競技人口が多い分、比較的上位に行けるというおいしい部分もあるので捨てがたいものがあります。
じゃあ、デュアスロンやトライアスロンに行けばという話もあるのですが、そこまでの根性もないし・・・。

たぶん今後も今の状態で行くでしょう・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« モチベーションを保つ | トップページ | 祝杯 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ