« まあええかの「ドンマイ親子」 | トップページ | 獣鳥肉の季節でんな »

2009年1月27日 (火)

おとおちゃん(おとうちゃん)

ここんところ、「おとおちゃん」を楽しんでいます。ちゅ~か、忙しい。

長女タカコンは、国試が終わったら就職。どんな「業界」でもそうでしょうけど、学校を出て初めて「プロ」となっていく過程で、初期に受けた教育が、その後にず~~と影響を与える。

幸いなことに、イカは世界でトップを走る研究所で学位の研究をさせてもらえたし、研修医の時の臨床教育では、もっとも厳しいと言われた、ハーバードでチーフレジデントをされていた日本の臨床麻酔の草分けである第四回臨床麻酔学会の会長をつとめた「おっちゃん」の元で臨床麻酔の教育を受けることが出来ました。Kも卒業後、第一線の臨床病院でトレーニングを受けることが出来ました。

同じように、うっとこに来る歯科臨床研修医に、できるだけ大きなインパクトを与えてモチベーションを上げるか。自分が受けた幸運を、若い先生にちょっとでもお分けできるように、毎日をすごしております。おかげで一年の研修が終わった段階で、これから先、ず~と勉強せんとあかんねんや。と言うことがわかって、研修を修了しております。

逆にうれしいことですが、研修医OBに、教えてもらうことばかりになっております。

そこで、タカコンもモチベーションの上がるような、卒直後教育を受けさせてあげたいわけです。

次女マユ丼は、センター試験の失速もあり~ので、小生のころは、私学・一期校・二期校と極めて単純な、選択でよかったのでありますが、センター試験後に前期・後期の大学を検索して、さらにセンター利用の私学な~んてのもあって、その可能性をすべて予備校ごとの合否判定システムで検索して、さらに、この成績で行けるかもしれない大学がどんな研究をしているなんかも、調べ~の。募集定員もしらべ、少ないところはマラソン大会と一緒で、「速いランナー」が来たら入賞できなくなるわけで、その動向もしらべんとあかんわけです。

府立高校の教員であった自分の親爺は、いっさい小生の受験にはかかわらなかったのですが、時代がかわったのか、小生がお節介なのか?

マユ丼の気持ちを聞いて、考え方を整理させてあげなあかんし。
ここんとこでは、ご存じはん・和子さんには大変お世話になりました。もの心ついたときから、ご存じはんと和子さんがいてくれて、一緒に育ててくれた感じです。

ということで、走っているどころではありまへん。と言うか「おとおちゃん」してるって感じでんな。

1月25日は大阪ハーフマラソン:Kの伴走
22:02 21:58 2234 22:53 4:53 で 1時間34分21秒でした。
昨年は1時間33分14秒なんで1分ほど、遅かったけどナイトランで速く走る練習していないので、こんなところですね。元々は4分30秒ペース:1時間35分で走る予定でしたので、上出来です。

090126_203701 090126_204601 090126_210301 この前、クッチ~ナ白川の前菜に「カブラ」が出てきたので、スモークサーモンカブラ添え。ジャガイモのスープ。キャベツと挽肉のスパゲッティー。夜診が終わってからの午後9時~の夕食でした。メインがないののですけどね。これで満腹ですわ。

« まあええかの「ドンマイ親子」 | トップページ | 獣鳥肉の季節でんな »

マラソン」カテゴリの記事

飲む・食べる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まあええかの「ドンマイ親子」 | トップページ | 獣鳥肉の季節でんな »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ