« 疲労抜き | トップページ | ベリゴールの余韻08(その2) »

2008年10月23日 (木)

ベリゴールの余韻08(その1)

昨年の9月のメドックマラソンの印象がイカ&Kにはまだ続いているのです。

10月21日(火)は定時に帰れる見込みでその旨午前中にKにメール。高島屋のフランス展で買った、セップ茸のペーストをあけることにしました。

081021_181801

081021_181501_3081021_181901 ベールーナの頒布会のカバ&定番のバンドターブル「シラーズ」。チコリ&国産生ハム。マユ丼が、狭山のコミュニティーセンターで勉強していたら、ミカちゃんに会って、もらってきた、インゲン。カバとで旨し。

081021_183301081021_185201_2 セップ茸の香りの高い、リゾット。これは旨い。マユ丼は小学6年の時から、ダンチューを見ながら、自分でリゾット作っていたな~。そのマユ丼はもう大学受験生なんだなあ。。。そして、メインで登場したのは、リンゴを豚肉でまいたんのトマトソース。
マダム安子が、紅玉をもってきてくださり、Kがネットで調べたレシピ。これも旨し。バゲットに、セップペーストをぬりぬり、バンドターブル。

大和川から南で、「セップ」をテーマに一般家庭で夕食をたのしんでる家すくないやろなあ~~ともりあがるのでありました。 写真の関係で続く。

« 疲労抜き | トップページ | ベリゴールの余韻08(その2) »

飲む・食べる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 疲労抜き | トップページ | ベリゴールの余韻08(その2) »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ