« 黄信号点灯 | トップページ | 肉食動物へ »

2008年10月29日 (水)

スタート順(ナンバーカード)

今年の東京国際女子マラソンの出発は、定員を600人→1000人にしたので12時10分と12時18分と二部に分けてスタートになりました。。

北海道の「こうめさん」は、12時10分スタートらしい。こうめさんの持ちタイムは3時間23分45秒。Kは3時間22分12秒なんで、ゼッケンナンバーが逆転しています。どうも「市民の部」はタイム順にゼッケンを発行していないようです。

<別のブログから>
早速、ゼッケン番号とスタート位置の確認♪単純に速い者順でゼッケン番号がふられていなかったんだよね。今回。

話を総合すると、おそらく・・・・・・

市民ランナーは3つのグループに分けられているのではないか?

例えば速い順番にA(3時間~10分前後?)B(3時間11分~20分前後?)C(3時間21分~30分?)と分ける。そして、第1スタート(12時10分)は国際ランナーの後ろにBグループ。
第2スタート(12時18分)はA・Cの順番。

スタートのタイムロスや、均整のことを考えると、確かにちょうどよい。ただ、スタート時間に8分の時間差があるので、第1グループの人たちは優利なんだよねぇ~

第1グループの最終関門は実質3時間43分、第2グループは3時間35分だもの。その分、第2グループは頑張らなくては!

このブログの予想では、説明がつかないようにも思われます。市民の部を二つに分けて、国際の部(200人ぐらいか)のあとに市民の部の遅い方(300人ぐらい)を加えて第1グルーブでスタート。3時間~3時間23分が第2スタート。と考えるとつじつまがあうかな?でもKの後にもかなりのランナーがいそうだし。タイムを早いほうから並べて、均等にわりふったかも?

確かに第一スタートで走り出すと関門が有利ではありますが。。「鉄欠乏状態」のKにとっては、関門がゆるやかな方が、気持ち的には楽かもしれませんが。。大泉の30km走の走り方からみたら、キロ5分の関門クリアーは問題ないと思われます。「鉄欠乏」対策実施中ですし

081028_194301081028_194302_2081028_194501 昨夜は月一回の法人理事会のため、午後8時すぎからの夕食。定番のコールスロー。美味しいけどちょっと飽きてきた。とポテトサラダ。カンパチのお造り。Kにこれからは、魚を控えて「肉」にしとうと提案。「魚食動物」から「肉食動物」に変わります。

081028_211401 早速アマゾンで注文した本が到着。
月間300kmぐらい走り込むランナーは、月一回ぐらい血液検査必要でんな。それから微量元素欠乏もあるかもしれません。

よく、TBでは「走歴10年以上」では記録はあがらない。と言う話を聞きますが、もちろん「加齢」が最大の要因なのは明らかですが、「微量元素慢性欠乏状態」になっているかもしれませんね。

朝ラン10kmで10月月間走行距離312km 体重63.4kg もう少し減らしたい

« 黄信号点灯 | トップページ | 肉食動物へ »

マラソン」カテゴリの記事

飲む・食べる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 黄信号点灯 | トップページ | 肉食動物へ »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ