« ベリゴールの余韻08(その1) | トップページ | 走れるやん 足ちょいと痛いけど »

2008年10月23日 (木)

ベリゴールの余韻08(その2)

081021_190901その後はフロマージュ。カルフールに行っていないので、美味しいミモレットなし。駅前の○ンプラザでは、若いミモレットしかありまへん。

081021_195001081021_200101081021_195601_2K製甘栗煮。グラッパが残りすくないので、石垣の玉の露をストレートで。なかなかいいね~。
そして愛する和子さんのパリ土産の、マリアージュのマルコポーロ。何とも言えない甘美な香り・余韻が。。

081021_201501 熟成したマンゴーまで飛び出し、楽しい会話で大満足の夜でありました。これを読んだ、タカコン。下宿生活も後半年を切りましたね。帰ってきたら、Kのうまいもんくえるでええ。そして、自分でおいしいもん作るトレーニング開始ですね。K曰く。料理人とか料理研究家が研究した結果そのレシピになり、その人の本として出版されている訳だから、そのレシピ通りにするのが美味しい。「調剤と一緒」書いてある通りにする。タダ、火の通し方なんかは、経験がいると思いますが。。

イカは、ひそかに。。。マユ丼を将来フランスに送りこむことが出来ないか調査中。リヨン大学なんかよさそうね。 ご存じはんは、リヨンの脳外科の大家のお宅に居候してたことあるとゆうていたような記憶が。。

一年前のメドックマラソン遠征のシーンが思い出されます。メルセデスのレンタカー(オートマはメルセデスしかない)でビビリながら運転して行ったサルラへの一泊旅行は、小生の今までの旅の中で、かなり印象深いもんです。そしてドームで食べたセップ茸

ミカちゃん・マダム安子・愛する和子さんからのプレゼントでなりたった夕食なのであった。

今週末はペースを上げての30km走の予定。前日はそれなりにカーボローディング予定。セップペーストが残っているので、パスタを作ってもらおう

« ベリゴールの余韻08(その1) | トップページ | 走れるやん 足ちょいと痛いけど »

飲む・食べる」カテゴリの記事

コメント

名古屋からタカコンです

卒試まであと2週間です

プレッシャーと不安に押しつぶされて身長縮んでます

今日自習室でものすごいイビキかいて寝てる子いました

みんな疲れてます

でもお腹はすきます

スガキヤのおうどん毎日食べてます

全種類制覇しました

おいしいよね あれ


タカコンちゃん がんばってますね

身長押しつぶされてスガキヤ食べてたら ますます縮むねえ〜
まゆは ますます大きくなってる受験生ですよ〜

今度帰ってきたら 美味しい晩ご飯作ってあげるから楽しみにねスガキヤに負けないよ〜

大切な試験を控えて、「スガキ」はやめましょうねえ。
加熱してたべてちょ!(名古屋の人はこう言うのだろうか)。これから牡蛎がうまくなるねえ。
タカコン:「命とられる問題」ではまったくないんやから(次元が違う)その緊張感を自分の中に取り入れて昇華して、それを楽しむ「余裕度」をもちませう。

「余裕度」=ライフワークバランスというのかな。
マラソンを初めて、それがわかった ちゃんイカ 拝

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ベリゴールの余韻08(その1) | トップページ | 走れるやん 足ちょいと痛いけど »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ