« 予約完了です | トップページ | 滝畑虎の穴フルコース »

2008年9月22日 (月)

福知山マラソンに行けない理由

前日の11月22日(土)にこんな会が。。。

半年ほど前にコーディネーターを引き受けたので、シンポジストの人選から当日の司会までせんとあきまへん。その後の懇親会だけでなく、シンポジストの労をねぎらい2次会に招待せんとね(ポケットマネーですよ)。帰宅するのはおそらく23日の午前1時ごろでしょう。

極めて特殊な分野なんで大阪府下でコーディネートできるヤツは限られているので。。とういか小生ぐらいか。前会長なんで、走ってばっかりやなしに、こんなこともやらんとね。

員外でも興味があれば1000円で参加可能です(懇親会付き)。大阪府歯科医師会雑誌にも案内が掲載されます。


会員各位

平成20年9月20日

平成20年度 第3回研修会のご案内

謹啓 時下ますますご清祥の段、お喜び申し上げます。平素は本会に対し、格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。第3回は歯科麻酔の分野でシンポジウムを計画しました。08年の保険点数の改正やインプラント手術の普及など、歯科医療をとりまく環境が変化し、臨床の現場で多くの先生方がすでに静脈鎮静や静脈内麻酔の導入をされたり、これから導入を検討されている方も居られるのではないでしょうか。今回は小松病院の藤喜久雄先生のご高配にて、下記の日程で平成20年度第3回研修会を開催致します。ご多忙とは存じますが、万障お繰り合わせの上、ご出席をたまわりますようお願い申し上げます。

謹白

 

大阪府病院診療所歯科部長会

会  長 中谷善幸

幹事長 吉岡秀郎

 

日時:平成201122日(土)午後330分より
場所:ホテルモントレ大阪(大阪市北区梅田3丁目345号 TEL 06-6458-7111

    総会・研修会 懇親会 8Fエスカーレ

 

1.賛助会員PR 15301600

1)PR①モリタ:

 

2)PR②トクヤマデンタル

 

2.シンポジウム「鎮静と静脈内麻酔の基礎と臨床」 16001800
司会 藤 喜久雄先生 小松病院
 
1)鎮静法の概要
杉岡 伸悟先生 大阪歯科大学歯科麻酔学講座講師,附属病院中央手術室主任
 
2)静脈内鎮静法のインプラント治療への応用
加藤 裕彦先生 大阪歯科大学歯科麻酔学講座助教
 
3)コミュニケーション困難な患者の日帰り麻酔下歯科治療
河合 峰雄先生 神戸市立こうべ市歯科センター長
 
4)08年新規開設された堺市障害者歯科診療所の概要について
廣瀬 陽介 先生 堺市重度障害者歯科診療所所長

 

3.懇親会

当日会費1000円を出席された方々から頂戴しております。よろしくご理解・ご協力のほど、お願い申し上げます。さらに会場受付にて年度会費未納の正会員・賛助会員の方からの年会費の支払いも受け付けて居ります。

« 予約完了です | トップページ | 滝畑虎の穴フルコース »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

興味深いです・・。特に3)。一番長く働いていた病院は、精神科疾患を基礎に持つ人の透析と、外科・整形外科・眼科・耳鼻科などのオペに対応できる数少ない病院だったので(今となっては笑える)苦労もいろいろありました。カテーテル類を全部抜かれることはしょっちゅう(笑)。清潔が保てないことも。人工呼吸器に触らないように気をつけないといけなかったし(まぁ、それは一般科でもICU症候群でしたっけ?ありがちですね)。癌末期で出血が激しく輸血が必要なくらいなのに歌いながら廊下を歩いていたり、とか・・。先日、こちらNZの働いている老人ホームでターミナルの人が亡くなりました。エミコ・シールさんのこともあり、この頃はボランティア先のホスピスに興味が湧いてきました。『死ぬことを考えて生きる』・・・死にそうになった経験がない人には難しいかもしれませんが、自分がいざという時、安らかに死ねるように心の準備を・・・え?まだ早いですか?でも人間いつ死ぬかわかりませんから。娘にも(遠い国にいるからでしょうが)大事な事を書いておけ、と言われました(笑)

うっとこでも、担当のタムが、アルツハイマーの患者さんなどに入院してもらい、鎮静下にて歯科治療をしています。もちろん昭和56年開設以来、「全身麻酔下歯科治療」を行っています。
多い年で当科でも8通の死亡診断書を書きました。口腔癌の患者さんです。若い方もおられます。小生は「いつ死ぬかもしれない」と思って仕事・遊び・家族と付き合っています。一日が24時間であるかぎり、これ以上元気を出すことは無理だと思って毎日を送っております。

私も50回ってから、いつ死んでもいいように生きております。一日24時間+寝る時間が欲しいです・・・。
なぜそう生き急ぐのか、とたまに聞かれますがなんもせんとおるのはもったいないですよね。ウェリントン市がやっている移民向け職業訓練プログラムは残念ながら市民対象でしたので、自分が住んでいるロワーハット市に出向いて相談しましたら、ちょうど来月そのような会議があり、今後の提案に向けて招待されてしまいました。ボランティア界ではちょい有名人かも?ロワーハットの新聞に載っていて市役所の人が私を知っていたのでビックリしました!英語はまだインターメディエイトです、英語でちゃんと説明できるか心配です。(日本あるいは母国での経験を活かして、移民としてどうすればNZに貢献できるか、です)英語頑張ります(汗)

楽しく熱心にやってまんな~。うまくプレゼンできればいいですね。

はい!頑張ります。(って、こないだ頑張り過ぎて風邪ひいてましたが)これからも人生楽しみます!
余談ですが、先日インドの感謝祭にそうとは知らずに招待されて、夕食食べずに3時間以上も劇や歌や踊りを見せられて、風邪だったし、おなかは減るわ、喉は渇くわ、眠いは、最低な気分やったんですけど、最後の方に、踊りにちょい感動いたしました。
それで、真剣に、しかも心から楽しんで何かをやっている人を見ると、自分も元気をもらえると再確認いたしました。私も人に元気や勇気をあげられる人になりたいです。
いかちゃんや、いかちゃんの奥様は、このブログを見てて、いつも凄いなぁと尊敬してます。私はまだまだです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 予約完了です | トップページ | 滝畑虎の穴フルコース »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ