« 52才の挑戦(かなりおおげさ)その3 | トップページ | 早々に »

2008年7月31日 (木)

テーマソングは「世情」

さすがに「縦走」はハードだったんですね。風邪ひいちゃいました

31avd4zajel_sl500_aa240_ Photo 帰阪後アマゾンで中島みゆきの「愛していると云ってくれ」を注文しました。昨夜到着。通勤の車内で「世情」ききました。強風でテントが大きく変形しているとき、寝返りを打ちながら寝ている時FMから流れてきた曲。
殺生ヒュッテから槍沢の眺めが思い浮かびます。「音楽と残像」ええもんでんな。この夏の縦走のテーマソングは「世情」でしたね。

080731_082501喉の痛みはロキソニンで押さえながら仕事。せやけど、「次の縦走」はどこにいこか?
北アルプス総図・日本アルプス総図を開けてしまいます。

Photo_yamanoie 栂池にある大学のワンゲルの山小屋「ヒュッテ(SILVA)シルバ」を思い出しました。僕たちの「青春が詰まっている」小屋ですね。SILVAとはラテン語で「森」を意味。

当時はカセットテープでしたが、ず~と「中島みゆき」と「太田裕美」が流れていました。これは先輩諸氏が好きだったからです。特に3年先輩のT氏は熱狂的な「太田裕美」ファンでした。
そのT氏は、陸上部のタカイはんと、3月に不帰のキレットに挑戦してくるわ。と八方尾根を登っていきました。弁当箱の3倍ぐらいある重いカセットデッキをビニール袋にくるんでアタックザックの上部に入れてはりました。雪山でも「太田裕美」を聞くためにやそうです。結局、不帰のキレットは通過できず唐松の冬季小屋で沈殿。八方尾根を下山してきゃりはりましたが、「唐松の小屋でお化けでた~~~」とゆうてはったのを今でも覚えています。

Honjyo18 山小屋で毎日飲んでいたのは、清酒「大雪渓」でした。寝屋川市のいつも行く「備前」の隣のお店の入り口に「大雪渓」ののれんが出ています。今度いってみなあきまへんな。大雪渓は、池田町のお酒。結婚後確か、長女のタカコンを連れて夏休みに「ヒュッテシルバ」へ。その帰りに造り酒屋によりました。現在大雪渓は淡麗すぎて好みではありませんが、「思い入れのある日本酒」ですね。

そうそう、「ヒュッテシルバ」と言えばKと知り合う前に、Kも「ヒュッテシルバ」に泊まってスキーをしておりました。後で日程を検証してみると、Kがやってきたのは、小生が「ヒュッテシルバ」から、白馬岳へ雪山登山にでかけて、「ヒュッテシルバ」に戻ってきた時は、Kは帰阪していたのでありました。「すれ違い」だったんですね。「ヒュッテシルバ」で知り合っていたら結婚していたかどうかは誰にもわかりませんね。

次の山行は。。。「北又小屋~朝日岳~蓮華温泉」なんて渋いな~~と思っているのであります。

« 52才の挑戦(かなりおおげさ)その3 | トップページ | 早々に »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 52才の挑戦(かなりおおげさ)その3 | トップページ | 早々に »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ