« 蒜山三山トレイルラン | トップページ | イカの余韻 »

2008年5月12日 (月)

概念が違う

丹波市の三ツ塚マラソン(10km)に行ってきました。福知山の手前でかなり遠いっていう感じがしたのと、中国道宝塚トンネル付近で発生する渋滞に巻き込まれたくないので、早い出発です。福知山Mでは、午前5時富田林出発ですね。昨日は、午前6時過ぎに北野田の自宅発。すいすいと近畿道→中国道を走り、名塩SAでうどんを食べ、8時前に余裕で到着。

小雨が時々ぱらぱらし、風も少しありますが、堺シティーMでの高温よりずいぶんましです。受付後、30分ほど車の中で仮眠しました。2人の場合、小回りがきいて気楽でいいですね。大勢でワイワイ行くのもよし。夫婦で「お気軽」に行くのもよし。

P5110001_jpg エントリーリストを見ると、「グレート三好」嬢が5kmの部で走りはります。スタート地点に行って応援。
その後、アップをしてストレッチ・流しを入れて準備播但自動車道。でしたが。。。。整列するのが遅かった(T_T)。せいぜい1000人だからと思っていたのですが、スタート15分前に行ったら、ぎっちり並んでいるではありませんか(>_<)。貴重品を預けに行くので、先に行って前に並んでね~。とゆうてKと分かれたので、てっきりKは前方だと思っていました。スタート後約300mが下りです。なかなか前のランナーを抜けません。1kmごとに距離表示があました。1km地点で小生はロスを入れて3分55秒。前を見ても、いないのでひょっとして僕より後ろ?

1km地点でKを待つこと30秒。4分26秒でKが現れました。そこからは快適なコースです。ゼッケンも年代別に分けられており、女子40~49才の部は1500番台でしたので、折り返しでよくわかりました。Kは折り返しで3位です。2位のランナーとはかなり差がありました。200mぐらいの感じです。

周りの女子ランナー2人と三つ巴で、抜きつ・抜かれつのバトル。少し起伏がありますが、Kはほぼイーブンペースです。残り2kmぐらいのところで2人は脱落。前方に2位のランナーが見えてきました。その差は次第に縮まりますが、まだつくことができません。交差点を左折して残り300mほど。そこは登りです。2位のランナーが失速気味です。それを見たKは一気にスパート。登りでスパートできる「強さ」が備わってきたと、その「気持ち」に、伴走しているイカは感動。まあ「レベル」としては低い話ですが。Kは「アスリート」になって前の選手を追い上げました。道路から右折して芝生を50mほど走って公園内にゴールです。芝生に入りピタッと後ろにつき、ゴール前5mぐらいでかわしてゴールに飛び込みました。気づかなかったライバルはゴール後、ゼッケンを見て落胆していました。

タイムだけでなく、「順位にこだわり他人と勝負する=アスリート」というのは、今までのイカ&Kの実践してきた、「自分の中だけのマラソン(タイムをめざす)=市民ランナー」とちょっと違う概念になってきますね。市民ランナーと、「タイムなどこだわりなく楽しみで走る=ファンランナー(ジョガー)」も別の概念ですね。

なんだかKが成長したように感じました。

P5110002_jpg P5110005_jpg 「グレート三好」嬢も年代別で入賞。
Kも年代別2位になりました。





記録の方は一応、Kの10kmの自己ベストの43分41秒でした。
ちなみに今年の大阪ハーフマラソンの10kmの通過タイムは43分25秒ですが。。。

080511_163501 080511_172001 帰り道、春日インター手前のスーパーでこの大きさの紋甲イカが1380円也。1/2をお造りにしました。そのうちの半分はそのままで。あとはさ~とお湯をかけ旨みをだしました。これは旨かったなあ。家族6人で堪能しました。残りは、冷蔵庫で熟成させ、明日からの夜な夜なお楽しみです。「げそ」は、ぬたにしてもらいます。「へい!ラッシャイ!」って言われるお寿司屋さんで、こういうイカのお造りとにぎりを食ったら、なんぼかかるんやろおねえ。。。

Kは「一皮むけた」 し イカは「一皮むいた」 楽しい週末でした。

« 蒜山三山トレイルラン | トップページ | イカの余韻 »

マラソン」カテゴリの記事

飲む・食べる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蒜山三山トレイルラン | トップページ | イカの余韻 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ