« 正しい焼き鳥北野田の「八起」 | トップページ | トレイルラン考 »

2008年5月26日 (月)

ダイトレ単独行

Photo_2 ダイアモンドトレイルとは?
北は屯鶴峰(どんづるぼう)(奈良県香芝市)から南は槇尾山(まきおさん)までの全長45kmの長距離自然歩道を昭和43年に大阪府と奈良県が整 備。金剛・生駒・紀泉国定公園の自然に親しんでもらうのが目的で、「ダイヤモンドトレール」と呼ばれ、起伏に富んだコースに人気がある。毎年4月の第2日曜日にこのコースを利用して、二上山から天見駅まで大阪府山岳連盟ではチャレンジ登山大会を、多くの参加者を集めて盛大に開催している。

雨はあがったのですが、稜線は時に小雨で道はぐちゅぐちゅ、一部は川のよう。単独行でよかった。二上神社口から、すぐに二上山に向かって急登。あっという間に心拍があがりました。竹ノ内街道に降りるところは、ダイトレを外してしまい、細い道。それ以後は、ひたすら歩き。ダイトレのレース経験なし。葛城山からの降り口をさがして、下降。金剛山の登りで、痙攣しかけ。久留野峠の登りでも。。いままで「おそるべし女子部」の話はよくありますが、歩きながら、TBの男子部の恐るべしところ。ダイトレ4時間台が普通・標準(^^;)。それって。。。自分にない、なんか「ええ筋肉」持ってるんちゃうのん? 「筋肉の質」がちゃうんやろなあ。これは練習で獲得出来るようにも思えんけど。登りは筋肉の疲労感。下りは足をくじきそう。

080525_110001080525_174001 特に荷物があるので無理はしませんでした。
お陰で、きょろきょろしながらの歩きでしたので、「ボカ(こしあぶら)」を見つけました。金剛山系にもあるんですね。場所は、乱獲防止のため内緒です。来年のしかるべき時期に行って、天ぷら・ナムル・お浸しで楽しみましょう。二上神社口を出て、紀見峠までなんと!6時間45分ほどかかってしまいました(^^;)。思いっきり迷惑をかけるタイムです。単独行でよかったね。短い距離はええのですが、長時間・長距離になると能力の差が増幅されちゃいますもんね。


080525_193901←クリックすると大きくなります
その後紀井見荘へ。お風呂に入り、オーダーストップぎりぎりで、生ビールと天ぷらともろきゅうを注文。もろきゅうのキュウリの切り方を見たら、「職人」だと言うことがわかります。天ぷらも美味でした。そして、真水の給水3リットル(水越峠の水場で1.5リットル補給)・バームウオーター0.5リットル・ウィーダーリンゼリー1パック・SOYJOY3個だけの塩分不足の登山者を見透かしたのごとく「たんまり置かれた、もろみ味噌」旨かったねえ~。

この行程、かなりええ練習になるのと、最後に「お風呂と美味しい料理」があるのでくせになりそうです。単独行の為、一人で乾杯はちょっと寂しいけどね。

紀井見荘集合で走力にあわせて、時間差スタートすればみんなで楽しめると思ったのでありました。

« 正しい焼き鳥北野田の「八起」 | トップページ | トレイルラン考 »

マラソン」カテゴリの記事

飲む・食べる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 正しい焼き鳥北野田の「八起」 | トップページ | トレイルラン考 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ