« 堺シティーマラソン | トップページ | 概念が違う »

2008年5月10日 (土)

蒜山三山トレイルラン

蒜山K酔荘が出来て、黄金週間は必ず家族4人で過ごしていたのですが、今回初めて、イカ&Kと走犬クリール君だけの予定でした。うれしいことに名古屋からタカコンが帰ってきました。連休明けに、定期テストがあるとのことで、蒜山には来ましたが、離山房での宴会にも参加せず、勉強しておりました。「勤勉」が取り柄のタカコンです。

5月2日の深夜に到着。
3日はゆっくり朝食をとり、午前10時に快湯館の駐車場に車を置いて、出発です。
下蒜山の登山口まで、登りのジョグ。約20分で到着。お天気は抜群で、かなり高温。
P5030347 P50303482P50303502下蒜山を登ります。急登にあえぎますが、途中の草原は快適。
この時期、「カタクリの花」に出会うことが出来ます。これはイワカガミですよねえ。
喜んでマクロで写真を撮ったら、その後ず~とマクロになっていて、後の風景はピンぼけになっちゃいました。ずあんねんです。まぶしいので、画像を確認しなかったんです。

P50303492 P50303562 下蒜山~中蒜山~上蒜山と縦走路を快適にウオーク&ラン。3時間30分でした。小生は、アシックスの「ゲルフジ」を履いていていましたが、Kはトレイルラン用のシューズをもっていないので、ニューバランスのLSD用でした。下りでグリップ力に差があるのか、下り大好きのKですが、スピードに差がついてしまいました。途中、立ち止まりながら時間調整。松林の中に「ボカ」を発見。ボカは「こしあぶら」のことで、山菜の中でいっちゃんええ香りなんであります。天ぷら・ナムル・おひたしなんか最高の食材です。思わず飛び上がって喜びました。

短縮率は50%ぐらいですね。TBの男性ランナーだったら3時間はかからないと思われます。気温も高くなり、その後蒜山高原道路の自転車道を約10kmのランは疲労感大。途中の「山菜茶屋」で大休止。小生はざるそばを食べ、Kは山菜うどん。このお出汁が最悪。なんでこんなにまずいのだろうか?とあきれるぐらいでありました。

連休で快湯館は混雑しており、結局K酔荘でお風呂に入り、離山房にご馳走になりに行きました。翌日もムンシャン改造委員会が離山房に集まり、地元の詩朗さん夫婦も登場し、楽しい夕食会でありました。

その後5日間は、足の筋肉がぱっつんぱっつんになり、ダメージの大きさを感じました。

« 堺シティーマラソン | トップページ | 概念が違う »

マラソン」カテゴリの記事

飲む・食べる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 堺シティーマラソン | トップページ | 概念が違う »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ