« カーボローディング中 | トップページ | ゆっくり夕食 »

2008年2月19日 (火)

泉州マラソン併走記:Kの激走

08年2月17日の泉州国際市民マラソンは、イカ&Kにとって「特別な意味を持つレース」であった。年女という年 令とKの基本的身体能力から、3時間15分切りが参加資格の大阪国際女子マラソン・名古屋国際女子マラソンを走れる可能性は極めて低く、3時間30分切り が参加資格の東京国際女子マラソンがKのエントリー可能な唯一の「国際女子マラソン」であった。石原東京都知事が音頭をとり、3万人規模の「東京マラソ ン」が07年2月に開催され、その大会との一本化で、東京国際女子マラソンは、08年11月16日の第30会大会を最後に消滅してしまうことが確定した。

最終大会となる今年は、最後の東京国際女子マラソンを走ろうとエントリーする女子ランナーが多いと推察されている。定員は600名である。昨年は約750 名の出場資格のある女子ランナーがエントリーした。150名が落選したがその足きりタイムが3時間27分20秒ほどであった。今年はどれぐらいになるか定 かではないが、3時間25分前後になるであろうと予測されている。

06年 2月泉州国際市民マラソン 好調で自己ベスト 3時間23分
06年 11月東京国際女子マラソン 故障で練習できず 3時間28分
07年 2月泉州国際市民マラソン 貧血で      3時間25分
07年 11月東京国際女子マラソン 強風と気温激変で 3時間25分

エントリー時点で過去2年間の公認ベスト記録で申し込みをするわけであるが、Kの持ちタイムは06年泉州の3時間23分は期限切れとなり、3時間25分になる。最後に残されたチャンスはこの泉州国際市民マラソンである。

なんとしてでも23分は確保しておきたい。できれば20分切りをねらいたい。30km走・40km走・そしてハーフマラソンを順調に走り、疲労抜きの期間があり調整してきた。貧血も改善傾向で、幸い風邪もひかなかった。

06年の自己ベストを出した一ヶ月前のハーフマラソン(大阪ハーフ)では当時のハーフの自己ベストを更新し1時間35分50秒ほどであった。今回08年の 大阪ハーフでは、1時間33分14秒とハーフのタイムを大幅に更新している。それだけパフォーマンスは上がっていると考えられる。3日前からのカーボロー ディングも完了し、運命の2月17日の朝を迎えた。起床時気温は低いものの風はそう強くは感じられなかった。

昨年11月の淀川ハーフ・今年1月の大阪ハーフと小生がKの伴走をした。今回も伴走予定である。ハーフマラソンまでは走ることができる。25km以上いつ故障するかわからない、不確定要素の多い伴走であった。

 フルマラソンは自分の肉体と精神を切り離し、事前の準備状況と照らし合わせ、刻々と変化していく肉体を別の次元からコントロールしていく知的ゲームでも ある。今回は自分の肉体ではなくKの肉体を監視し、レースを展開していくわけである。手術中の麻酔科医の心境と共通点がある。へまをしても患者さんが死な ないから喜楽なもんである。

080216_214701 初めて自分の腕に予定通過タイムを書いた。それは4分40秒ペースである。このペースで走れば3時間17分でゴールである。このマラソンは30kmを越え てから最後に大きな橋を4回越える難コースである。最初から最後までイーブンペースで走しれるはずはなく、前半のペースが4分40秒ということは、3時間 20分をねらうペースである。

スタート会場の浜寺公園に到着するとコンビナートの煙がかなり横になびいており、会場のポールの旗も大きくなびいていた。ワンウエーのこのコースは最初と最後が北向きに走り、ほとんどが南下してゆく。西南西からの強風であった。

スタート15分前になり陸連登録のゾーンに整列しランナー仲間としゃべていると、阪南の中谷が登場した。2週間前の紀州口熊野マラソンのハーフで足を痛めたらしくDNSである。いろいろ話しができるので、そう緊張感もなくスタートした。

ゆっくり走り出した、最初の1kmがスタートロスも入れて、5分25秒で通過。ちょっと遅すぎるなあ。とそれ以後4分40秒をすこし切るペースで走る。北 に向かいながら「風を感じない」。。。と、言うことはフォローである。つまり延々と南下するときは、「向かい風」となる。やばい! と感じながらKには 「大丈夫」。「04年もこのような風の中、僕は3時間03分と自己ベストを7分更新できたんやから」と不安にならないように、声をかけた。

0~5km:23分56秒 5~10km:23分07秒
10km 大浜の折り返しを過ぎて5km。通過タイムが23分56秒。順調である。ハーフマラソンを走るKの1キロの平均ラップは4分25秒であるので、このペース であればそれほど心拍数はあがっていないはずである。 しかし風の為、消耗してゆくことは自明の理である。10kmの通過が47分03秒。通常のレースで あれば、後半の強風の4つの橋の通過を考えてペースダウンをして余力を残すことを考える。決断の時期である。これ以上ペースダウンすると到着が3時間25 分前後になっていくであろう。Kの順調な仕上がりを見ていたので、このペースを維持することにする。逆風の橋の登りでは、少々余力を残していても5分を越 えてしまう。3時間25分でのゴールはこのマラソンにおいては「意味の無いラン」になるわけで、22分を目指して走り続けるしかない。スタート会場、そし て折り返してから同じ浜寺公園で、狭山池のラン仲間の千ちゃん、GUCCIさんさ、そして国際ランナーの花ちゃん達に応援を受けた。

10~15km:23分38秒 15~20km:23分25秒 20~25km:23分30秒
 さすがにペース設定した30km走・40km走を順調にこなしただけのことはあり、向かい風・時折雪がちらつく中Kの足取りはしっかりしたものであっ た。「悪天で、自分の夢がかなわない」。登山においてはいくらでもある普通のことである。小生が学生時代の最後の夏休み、5月の連休の涸沢合宿の行き帰 り、見上げてはあこがれていた「屏風岩」。それに挑戦する最初で最後のチャンス。涸沢のキャンプサイトで毎日テントに進入してくる雨水をコッフェルでかい 出しながら沈殿。とうとう「その日」は訪れなかった。そのことが併走しながら脳裏をよぎった。この泉州マラソンでなんとか、エントリーできるタイムで走ら せてやりたい。風よけになろうと「僕の後ろで走れ」と話しかけるが、そういう走り方に慣れていないようで、結局併走が続く。
 18km地点で、Kの高校時代の友達が声援してくれた。まだ元気に手を振っている。小生に「足は大丈夫?」と聞き返す余裕まである。ハーフを通過した時 点で、自分の消耗度を考えても、「吹きさらしのあの4つの橋」でどれだけ減速してしまうのだろうか。東京のエントリータイムは3時間25分になってしまう のだろうか?と弱気になってしまいそうになる。Kには「大丈夫」「大丈夫」と声かけを続ける。併走していてもじわじわと遅れだすが、また気を取り直し追い ついてくることを繰り返した。

25~30km:23分41秒 30~35km:24分18秒 35~40km:24分59秒
28kmでリタイアになるかと思われていた小生の足の悲鳴はまだ聞こえてこない。臨空駅を左折。
083 30kmでは狭山池のラン仲間の康子ちゃんに声援を受け、 そしてまたまた千ちゃん・GUCCIさん。TBのもこみっちゃんの声援も受けた。そして中谷にゼリーをもらい、「四つの橋」の取り付きまで着た。ここで友 人の安子さんの応援。必死でうなずくK。ぐるっと回り込むと大きな橋の登りが始まる。ペースが落ちるが必死でこらえるK。減速している男性ランナーを抜き 続けるがそのペースは遅い。さすがに下りはペースアップ。なんとか折り返しを過ぎると風はフォローとなり少しだけペースアップ。最後4つめの橋の登りは、 又逆風である。ここで「自己ベスト行ける・行ける」と最後の切り札のセリフを出した。後ろを振り返ると悲壮な顔でついてくるK。途中リタイアした山口TB 会長の「腕ふれ~」。安子さんの「Kちゃん~」に後押しされ最後の海岸線に出た。
Photo 40km そこでまたまた千ちゃんとGUCCIさんの応援。ここの声援はありがた かった。福知山マラソンで8kmでリタイアした小生の気まぐれ足はここに来て、棒のようになって痛みが出だした。10月の新潟マラソン以来、LSDでも 40kmを一度も走っていない。もう自分の足が壊れてもなんとしてでもKに自己ベストを更新させる。それだけを考えた。ゴールが見えてくる。何度か湾曲し たスロープをおりて、Kはすべての気力と元気を絞り出し、無事自己ベストを更新しゴールした。ゴールした瞬間倒れそうになり、小生が駆けよったが、陸連の 女子審判員2名に抱きかかえられ転倒は免れた。

Kは大きく力を付けて、悪天の為小さく自己ベストを更新した。

これで今年の東京国際女子マラソンは、3時間22分12秒でエントリーできることになりました。しかし申込者が多いと落選してしまいます。落選したら残念ですが、自己表現であるこのランに満足していると思います。

« カーボローディング中 | トップページ | ゆっくり夕食 »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様~

お父さんは酔っ払ってて覚えてないかもしらんけど、お正月にあたしと2人でお話してた時に
「kちゃんの事めっちゃ好きやわ~」
ってゆう一言がとっても
あったかかったよ

自己ベスト更新はお母さんの努力と
お父さんの支えで 得た結果 なんかな

これからも

ほかほかの2人でいてね


あつくるしいオジサン にはならんでいーからねーー

Kちゃん、いかちゃん、お疲れ様です、そしておめでとうございます↑
感動しました!僕の未体験ゾーンの話なんで、練習して、早く今年中にフル走りたいと思います☆
僕もやっと、少しずつ一人でも走るようになりました↑とりあえず、今月の目標走行距離は100キロですけど…。

タカコン:はずかしいやんけ
体脂肪が減り、年とともにサブがりになってきているので、「あつくるしいオジサン」にもどりたいわ。正確は今でももちろん「あつくるしい」けどね。

いなっちさん:来年の「高知マラソン」完走目指せ!
35kmからは、「別の世界」がひろがるよ~。
いなっぷさんは、そうでもないみたい。そんなランナーあんましおれへんでえ。

自己ベストおめでとうございます。
私も5月と8月のフルマラソンで今のベストを上回るタイムで走れるよう頑張ります。
11月に東京でお会いしましょう。

こうめさん、メッセージをありがとうございます
雪解けのレースを思いっきり爆走して下さいね。
一杯 応援していますよ。
お互い 最後の東京まで せっせせっせ、こつこつと頑張って走りましょうね。

私は来月美山マラソンというちょっと苦手な起伏のあるコースのハーフを走り 後は10㎞レースにエントリーする予定です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カーボローディング中 | トップページ | ゆっくり夕食 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ