« おせち料理 | トップページ | 個の倫理 »

2008年1月 1日 (火)

イカ家の元旦

あけましておめでとうございます。本年も、仕事に・家庭に・趣味に、「ハイパーおじさん」ぶりを発揮したいと思っています。

娘も大きくなり、イカ家4人であと何回元旦の朝を迎えることができるか?そして娘達にイカの子供の頃のお正月を思い出し「イカ家のスタイル」を作りそれを覚えておいてもらおうと思い立ちました。

初めての「お節料理」への挑戦は大成功。
市販の甘辛いだけの味付け棒鱈とは、じぇんじぇんちがう上品な味となり、酢レンコンは、火の通し方が絶妙で「シャキシャキ感」を保つことが出来ました。

Photoそして、三河のほんまもんの味醂で作った「お屠蘇」。残念ながらイカ家には「屠蘇器」がありません。実家で使っていないので来年は借りてこようかな。。

  080101_095301
それで、タイの「ベンジャロン焼き」がちょどええのでお屠蘇を入れました。
嫌がる、マユ丼・タカコン、「一気飲みしろ」と。

薬草の香りと味醂の甘みで、まずいわ~~~。
新年の節目として、これからイカ家では、毎年飲む予定です。


屠蘇
(とそ)とは、一年間の邪気を払い長寿を願って正月に呑む薬酒である。昔から、「一人これを呑めば一家病無く、一家これを呑めば一里病無し」と言われ、正月の祝いの膳には欠かせないものとなっている。「屠蘇」とは、「蘇」という悪鬼を屠(ほふ)るという意味である。(ウィキペディアより)

080101_101901071231_161801 越天楽を聞きながらの新春の朝食です。
その前に、イカ&KはTBの新春行事である、藤小に集合して滝谷不動初詣ラン(約13km)に参加し、初風呂に入っています(^o^)

白味噌の雑煮(Kがしっかり出汁をとっている)。そしてイカ家のお節(結構簡素ですが)を食べ、昼からのイカの実家に行ったのでした。

080101_130701 イカ家では、兄の喜一郎が「フジライディングパーク」で会員さんと一緒に「お餅つき大会」を企画。そのお餅の入った雑煮はうまかったな。お袋の作る、田作・黒豆をもらって帰りました。

« おせち料理 | トップページ | 個の倫理 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おせち料理 | トップページ | 個の倫理 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ