« イカの切り方 | トップページ | 272km  »

2008年1月30日 (水)

大阪の定番:鉄板上の母性社会・父性社会

080129_184901 土曜日に080129_185201 におそるべしスーパー○栄にて、お値打ち価格で購入した和歌山産「アオリイカ」は二杯。二杯目です。本日は小生が切りました。
←クリックすると写真が大きくなります。

前日の写真と比べると昨日のイカとはえらい違いです。包丁目は3/4とカキコしましたが、1/2ぐらいの深さですね。このお皿は、イカ専用皿です。野半の里で地元の陶芸作家の展示会があり、気に入ったので買いました。作家に「イカを乗せるとキレイ」と言ったら「・・・」でした(^o^)。結構ええ値段でした。思い入れのお皿です。

    080129_185301080129_185701080129_191101

ひじきのたいたん。シャトルシェフ使用。白ワインを飲む予定だったんで、蠣も。バジルオイル、マヨネーズ系のソースで食べました。そしてめちゃめちゃ旨かった「K製どて焼」。昨日のすじ肉大根で使ったすじ肉です。にこぼしして、保存しておけばいろいろ使えますからね。そうそう、蒜山ジャージー牛は食べても旨いのでありますが、高価なんです。600円/100gぐらいですが、蒜山ではなぜかジャージー牛のすじ肉は90円/100gと、すじ肉だけが激安。ちょっと脂が多いのですが。。ジャージー牛すじ肉の赤ワイン煮(ダッジオーブン使用)は小生の蒜山での得意料理。080129_192401080129_193701_2

そう本日のメインイベントは「お好み焼」(藤家の通称「焼」)なんですね。子供の頃から、藤家では一週間に一回は「焼」を食べていました。小生の父の「スルメちゃん」の大好物。道具屋筋で、お好み焼きの台(業務用)を含めて関連グッズを購入し、納屋に収納されており、毎週一回それを台所に運ぶのであります。お好み焼きは「分厚い鉄板やないとあかん」とゆうておりました。ずあんねんながら、イカ家ではホットプレートでありますが、ホットプレート購入の際は、できるだけ分厚いのを買いました。南部鉄でできているのを買いました。お好み焼きで「豚バラ」は必須であります。時々鉄板で豚を焼いてからお好みの本体を乗せるお店を見かけますが、うっとこでは豚の美味しい脂が出てしまうので、本体に豚を乗せてさらに本体をかけ、豚バラを内部に閉じこめてしまいます。本日はそれに蠣とすじ肉(どて焼)を参加させました。

大阪人:大阪の家庭では、それぞれの家で「こだわり」があると思われます。これは「たこ焼き」もそうであります。キャベツの切り方もしかり。小生の母親は、千切りでありますが、Kはみじん切り。こんにゃく・ちくわ・すじ肉などの脇役もそれぞれですね。「焼」だけはイカより、ホタテ・エビの方がイイと思います。もともとホタテ・エビは乾燥させてお出汁をとる食材でありますから、お好み焼の内部に入れ高温・多湿・蒸し焼き環境となり、旨味成分を周囲に放出すると思われます。

それに比してイカはお好み焼きの内部においては「孤立無援」。おまけにクルッとそってくる場合、内部から「焼」を破壊しようとする反逆もん・異端児。「母性原理」ですべての食材をふんわか包み込む「焼」にはなじむことができない、テロリストでもあります。
イカ自身にも直接火が通り少し焦げ目がつき(せやからイカ焼きには「圧」をかける必要があるんです)、ソースのイカに対する直接作用を受ける、テロとの戦いに勝利した「イカ焼き」にて、イカはその存在自体を確立しているのでありますから、お好み焼きに登場するのは控えていただきませう。
一見かわいそうなイカちゃんですが、イカは「イカ焼き」にのみ活路をみいだしているわけではありません。「
父性社会」で成り立つ、「切断する」機能にその特性を示す、食材それぞれが個として独立し、如何にイカがクルッとそってもその食材の能力差・個人差として扱われる「鉄板焼きそば」でもイカは立場を維持できるわけです。

お出汁でメリケン粉を練る家庭もあるようですね。うっとこでは「削り節」を本体に混ぜこんでおります。ほんでから「長芋」の含有量にも差があると思われます。ソースは「タマリソース」を基本にして、ちょと「オリバーのどろソース」でスパイシーにしました。そして青のりと削り節。カツオ節は上品すぎでアピール度↓。イカ家ではもちろん鯖やら鰯やらのくっさ~い削り節なんであります。

080129_194101080129_193902    うまそうに焼けました。埋め込まれた蠣は堅くならずジューシーです。白ワインは、メルシャンが輸入しているバンドターブル。「シャルドネって」感じはあまり好みではありませんが。樽香も強くなくてよかった。

080129_203501  最後は定番の泡盛タイム。石垣島の川平の「おもと」にしました。

寝坊して、朝ランはなし(>_<)。

月間走行距離300kmの夢は寝坊で消えました。

あかんな~。

« イカの切り方 | トップページ | 272km  »

マラソン」カテゴリの記事

飲む・食べる」カテゴリの記事

コメント

私の焼き物の道具は
http://www.mm-factory.jp/
で持っているグリルに会わせて9mm厚の鉄板で作ってもらいました。
炭焼きもできるように丸棒タイプも。
グリルはこのくらいの物です。
http://www.naturum.co.jp/item/item.asp?item=82067
りんくうのアウトレットで7000円くらいでゲットしました。

ダッチオーブンは
http://www6.ocn.ne.jp/~oijin/datti.htm
の30タイプです。

厚めの鉄は良いですね。

香芝マラソンの記録一覧を貰ってきました。
優勝タイムは12分16秒!
なおのこと余計な1周が悔やまれます。


分厚い鉄はいいですね。小生のダッジオーブンは、ポピュラーなロッジ社製です。
自宅の鍋は、ルクルーゼとクリステルですが。
ルクルーゼもいいですね。鋳鉄は使用後のメンテがたいへんですね。
香芝マラソン惜しかったですね。

いいな~、おいしそうだな~。ニュージーランドでは食材は新鮮だと思うのですが、調理器具や調味料が揃わず、一緒に住んでる人がアメリカ人なもんで、日本みたいに何種類もおかずを作らないんですね。ワンプレート(一種類)をドバッと作る。少しずつ何種類ものおかずを食べる習慣がないんですね。ちょい寂しい。天ぷらとか煮付けとか浅漬けとか出し巻きとか色々作ってはいますが、一個一個がメインディッシュになっちゃう。困惑・・・。食事を楽しむ習慣もないみたいだし。アメリカってそうなのかな。仕方なくティータイムにお菓子を一人で楽しんでいたらだんだん太ってきました!

アメリカには行ったことがありませんが、パリでアメリカ風のレストランで昼食をとったら、ハズレでありました。オーストラリアにホームステイした、娘もそうゆうておりました。
娘二人は、お友達のところで夕食をご馳走してもらうことがあるようですが、我が家の品数が一番多いとゆうとりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イカの切り方 | トップページ | 272km  »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ