« メドックマラソン速報 | トップページ | メドックマラソン詳報 »

2007年9月16日 (日)

余韻

9月15日は、メドックマラソンの反省会をイカ家で行いました。

メドックに行ったムンシャン改造委員会のメンバーが集まりました。
もちろん、お留守番の金ちゃん、舜水はんも一緒です。

テーマは、「ペリゴールの余韻」

Sn390016_2Sn390011_2
フランスで、唯一忘れてきたのが、シードルを飲むこと。それに気が付きドゴール空港で、シードルを購入しました。
中学、高校、予備校の同級生の「よいちゃん」がタイに行ってきたお土産で持ってきてくれた、ビアシンとがアペリティフ。


Sn390009 Sn390010 セップ茸やクルミ入りサラミ。猪のハム。





Sn390014 Sn390011_4 Sn390015

金ちゃん作製の卵のサラダ そして、フォアグラのパテ 砂ずりのサラダ(マダムK特製)

ベリゴール地方の特産品は フォアグラ/セップ茸/クルミ 冷蔵庫にとっておきとして隠していた、以前もらったトリフュを出すのんわすれたなあ。

Sn390022

ワインは、パリ在住のピアニストのマダム真知子が、サンテミリオンで選んでくれたグランクリュクラッセとカルフール光明池で買ったシャトーラグランジェのセカンドラベル。ラグランジェは、サンジュリアンにあるサントリー所有のシャトーです。今回メドックマラソンでもデギスタシオンしました。

役者がちゃいましたなあ。Chateau Matras うまかった。今回は1999年でした。2000年を飲んだコメントをネットで発見

Chateau Matras [2000]
( AC サンテミリオン グランクリュ・クラッセ) 
750ml 赤  辛口

今年の春に、サンテミリオンのとある星付きレストランで同じ2000年のワインを飲む機会があった。
最近のボルドーの流行かもしれないが、フレッシュさを残した葡萄の果実の風味が味わいの中心にあり、とってもバランスよく、非常に美味しいワインでした。決して濃厚なタイプではないが、この生き生きとして葡萄の果実をまるで噛むようなワインは、格付けワインにふさわしく、ひとつのグルメなワインといえます。
シャトー・マトラスは、シャトー・カノンのすぐ下の南向きの斜面にします。となりは、あのシャトー・ランジュラス。カベルネ・ソーヴィニヨン40%メルロー60%。

サンテミリオンでもらったワインの価格リストと日本国内のネットでの値段を比較するとChateau Matras [2000] で25.15ユーロが7600円也。サンテミリオンが「和歌山」ぐらい近かったら買いにいくのにねえ


Sn390019
Sn390017マダムKの得意料理の一つ。牛すね肉の煮込み。これは蒜山ではダッジオーブンで、自宅ではルクルーゼで煮込みます。
それと、乾燥したセップ茸を持って帰りました。このセップ茸は、秀逸。マダムKの応用力に乾杯です。


フロマージュの写真とるのん忘れた。ドゴール空港で余ったユーロで買ったんです。これも旨かった


Sn390020_2

Sn390021

ネスプレッソマシーンで入れた、エスプレッソとラデュレのマカロン。

ほんでから、カルバドスで締めくくりました。



Sn390023 楽しい仲間と楽しい話題 アンティークのスタンドとロウソク中心の照明 音楽はビルエバンス

楽しい、楽しい「メドックマラソン反省会」でした。

マダム和子の一言。イカちゃん! シードルのみ忘れたので、今度は「ノルマンディーに行きましょう!!」

« メドックマラソン速報 | トップページ | メドックマラソン詳報 »

飲む・食べる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« メドックマラソン速報 | トップページ | メドックマラソン詳報 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ