« 島時間 | トップページ | 島ラッキョ »

2007年6月12日 (火)

余韻

ディープな那覇の余韻を楽しんでいます。

070611_212001_1

昨夜はKちゃんが「島らっきょ」を塩漬けにしてくれました。剥くのが結構じゃまくさいのであります。島の人は塩漬けに鰹をかけて醤油を垂らして食べますが、「薬味」として使ってもめちゃめちゃ旨いのであります。

マグロのカルパッチョとの相性は抜群なんです。スーパーの鰹のたたきをナンプラーと島らっきょで味付けするとランクが二段階アップしますね。
さすが、マチグァーではこれだけで650円也。大阪の半額以下ですが、それはそれでしゃーないのであります。

070611_213701_1 今回の特筆すべきことは、○野女史が、おみやげに「仲宗根黒糖」をプレゼンとしてくれたことであります。いままで食べた黒糖はなんだったんだ~!。とムンシャンで試食した全員の共通意見。昨年のJTAの機内誌「CORAL WAY」で紹介されていました。その機内誌を○野女史にわたしていたのでした。○野女史の住んでいる浦添市に「仲宗根黒糖」があります。工場といっても「自宅のガレージ」程度のとこやったそうです。ネットでお取り寄せ可能です。

●マユ丼にこれで黒糖マカロンを作ってもらおう(^o^)

ヒージャー(山羊)刺しは大阪で食べることが出来ますが、味が違います。
公設市場の肉屋さんでヒージャーを買うときに、大阪ではこんなにうまいヒージャーはないんですよ。とゆうと、そこのマダムが、「このお肉を、大阪の●○●に送っています」とのこと。でも「月に一回注文が来るんです」。
大阪の●○●は、大正区と梅田にお店を出している、大阪でもメジャーなお店。そこのオーナーは「実力者」であります。

大阪の沖縄料理店で食べると、めちゃめちゃ量が少なくて高価。ある程度しかたがないのですが、それで味が↓(>_<)。小生も○●○でたべたことがあります。ここが一番まともでしたが、それでもなんか水っぽい。月一回の仕入れなんで、再冷凍してさらにディープフリーザーでもないだろうから、味が↓になるのでしょうね。公設市場のマダムも「月に一回」というのが不満なようでした。

ここも、連絡すると送ってくれるようなんで、仲間に声をかけて今度お取り寄せしようと思っています。梅雨のじめじめして、体だるいしなんか一発うまいもんかましたろ~。の時なんかええでしょうね。

Photo_3 これはネットでダウンロードしたヒージャーの写真
皮・脂・肉がまだ半解凍状態か、しゃりしゃり水っぽい感じしませんか?

クリックすると画像が少し大きくなります

Photo_4 これは、一昨日ムンシャンンで食べたヒージャー。
脂の感じの違いがわかってもらえると思います。

« 島時間 | トップページ | 島ラッキョ »

飲む・食べる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 余韻:

« 島時間 | トップページ | 島ラッキョ »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ